本文へスキップ

東京都 清瀬市の慢性期医療(ホスピス緩和ケア・回復期リハビリテーション・介護療養)社会福祉法人信愛報恩会 信愛病院

TEL. 042-491-3211

〒204-0024 東京都清瀬市梅園2-5-9

トップ>信愛病院の概要>看護部の取り組み

看護部の取り組みNurse Department

看護部長の挨拶

写真 看護部長 立花 信愛病院看護部は、「ほほえみと、言葉と、ふれあいによって人々に暖かい光を輝かせる看護を提供します」の理念に基づいた看護の提供を心がけています。
 患者さまお一人お一人の気持ちを受け止め、寄り添う心と笑顔を大切にし、常に患者さまの身近な存在として信頼される看護と介護に努めております。また、地域の皆様が安心して、外来および入院治療や療養生活が受けられますように、専門職としての知識と技術を磨き、質の高い看護と介護の提供を目指していきます。
 不安や何かわからないことご不明な点がありましたら、いつでもお気軽にお声をおかけください。      看護部長 立花エミ子

看護部の理念

ほほえみと、言葉とふれあいによって 人々に暖かい光を輝かせる看護を提供します。

  1. 患者様、ご家族の想いを尊重し、安全で安心できる看護、介護を提供します。
  2. チーム医療の一員として、役割と責任をはたします。
  3. 専門性を磨き自らの成長に努めます。

抑制廃止宣言(2000年2月22日)

信愛病院を利用する患者および家族の人権を尊重するために、抑制廃止をここに宣言します

 上記宣言の徹底を図るために、職員一同心配り、目配り、気配りに努め、患者様ひとり一人のニーズに対応したケアを実現します。

他部署との連携

 各病棟それぞれが他部署との連携をはかり、チームケアとして患者様の看護・介護を行っております。
例えば、リハビリテーション部と常に連絡を取り話し合いを持ち、入院時にはADL合同評価を行います。それを元にリハビリ訓練が開始され、一定期間毎にリハビリカンファレンスが開かれ、評価と今後の計画を見直します。
 その他に、栄養科との連携を図り、入院時には「入院時スクリーニングアセスメント表」を作成し一人ひとりの患者様に合った栄養状態を把握し、お食事の形態やエネルギー量等を決めていきます。また、各病棟で行われるカンファレンスに管理栄養士も参加して、情報交換を行っております。

看護部の研修

 看護部では、看護師、ケアワーカー1人1人が専門職業人としての自覚を持ち、質の高い看護、介護を提供するために様々な研修を行っています。
看護部教育については、求人採用サイトをご覧ください。

デスカンファレンス

 当院では、緩和ケア病棟と介護療養型病棟で亡くなられた患者さまの症例をカンファレンスで振り返りを行っております。カンファレンスをすることにより、チーム連携の見直し、ケアの評価を行うことができます。またスタッフがバーンアウトしないためにも、グリーフケアの重要な時間です。

看護部だより

 当院では、年4回「看護部だより」を作成し、院内のスタッフに配布しています。

バナースペース

社会福祉法人信愛報恩会
信愛病院

〒204-0024
東京都清瀬市梅園2-5-9

TEL 042-491-3211
FAX 042-491-3214
hpadmin@shin-ai.or.jp