おすすめ投稿

2018年1月4日 賀詞交歓会

皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

チャプレンより、聖書の言葉とお祈りがありました。新しく迎えたこの年も神の愛という原点に常に立ち帰り、患者様や利用者様、また地域の方々の心と魂が輝けるよう、私たちに与えられたそれぞれの務めを共に果たして参りたいと願います。

続いて、理事長と各施設長からの賀詞を頂きました。
今年は2025年の超高齢化社会問に向けて医療介護報酬の同時改定、社会保険制度の財源に伴う消費税引き上げ、給付費範囲の基準が圧縮されるなど様々な変化があります。そして、これからは連携が取れた地域包括ケアの構築がますます求められるようになります。
今年の
理事長の漢字一文字は『歩』です。苦難があってもなくても歩みを止めることなく、信愛報恩会の職員が連携を取り2025年に向けて歩んでいきます。
今年も皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

おすすめ投稿

第37回信愛バザー開催!!

皆様
おはようございます。

9月3日(日)の信愛バザーは予定通り開催いたします。

明日の天気予報は晴れ 時々 くもり 最高気温は30℃です。

バザーに来られる方は熱中症対策をして来てください。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

 

おすすめ投稿

ホスピス緩和ケア週間 2017

今年も市内の4つの病院(信愛病院、救世軍清瀬病院、東京病院、複十字病院)と協同で、ホスピス緩和ケア週間を行います。
今年のテーマは、「がんと向き合い対話する場所が町にある」がテーマです。
がんという病気は、医療技術が進んだことにより、「がん=最後」という時代から、「がんという病気とつきあいながら生活をする」という時代になりました。そのため、身体や心のつらさの緩和、生活のサポートなどがその人の生活をよりよくするための重要なポイントとなります。
がんになって困った時にどうすればよいか。そんなヒントをたくさん盛り込んだ企画です。

 

◆「緩和ケアあってなぁに?」パネル展示のご案内

 

2017年8月29日~9月10日 クレアギャラリー(清瀬西友4階)
2017年9月11日~10月16日 信愛病院廊下

*ホスピス緩和ケアの説明、緩和ケア病棟の紹介、訪問看護ステーションの紹介などのパネル展示を行っています。オレンジ色の風船目印です。お近くを通りましたら、お気軽にお立ち寄りください。

◆ 緩和ケア講演会のご案内

 

講演「がんと向き合い対話する場所が町にある。~マギーズ東京とは~」
日時:2017年10月14日(土) 10時~12時
講師:村上紀美子(医療ジャーリスト・マギーズ東京事務局メンバー)
*その他、コンサートやシンポジウムを企画しています。

◆ ホスピス緩和ケア病棟見学ツアー

信愛病院、救世軍清瀬病院、東京病院の3つの緩和ケア病棟を見学するツアーです。毎年、すぐに定員に達しますので、ご希望の方は早めにお申し込みください。
9月4日9時より 受付開始です。

第1回目 2017年10月14日(土)13時~ 一般の方
第2回目 2017年10月21日(土)13時~ 医療関係者・学生

詳しくは特設サイトをご覧ください。

おすすめ投稿

信愛報恩会 「しんあいファミリーデー2017」を開催しました。

2017年7月29日に「しんあいファミリーデー2017」を行いました。しんあいファミリーデーとは、信愛報恩会で働いているスタッフの家族(子供たち)を法人に招き、信愛報恩会を知ってもらおうという企画です。
2歳から10歳の16名の子供たちが参加してくれました。

【 午前中のプログラム 】

◆ 入社式

理事長より辞令を受け、信愛報恩会の一日職員の誕生です。また、一人ひとりの将来の夢を語りました。警察官、モデル、レストラン、保育士など、将来がとても楽しみです。その後には、挨拶の仕方、名刺交換の仕方などを教えてもらいました。

しんあいファミリーデー_ブログ用⑥

みっけるツアー

子供たちとともに、法人にある色々な施設を見学しながら、パパやママを探したり、クイズに挑戦しました。子供たちは、身体のこと、福祉のことを真剣に学んでいました。患者さまやご利用者の皆様も、可愛いらしい職員に思わずにっこり。子供たちは、通りすがりの人たちに挨拶をしたり、スタッフと名刺交換をしたりし、最後はゴールの理事長室でご褒美をもらいました。

 

「食についての勉強会」(糖分と塩分について)

普段飲んでいるジュースなどに、どのくらい糖分が入っているか、実験をしながら、飲み比べしました。お砂糖がたくさん入っていることに驚いている子供たちが多くいました。

しんあいファミリーデー_ブログ用③

【午後のプログラム】

◆バルーンアートで遊ぼう

午後はママやパパと一緒にランチをし、食後はバルーンアートのサトルさんと一緒にバルーンで遊びました。バルーンで動物などを作ったり、バルーンロケットで競争したり、元気いっぱい遊びました。

しんあいファミリーデー_ブログ用②

◆土曜コンサート

信愛病院で行われる土曜コンサートでボランティア体験をしました。途中で、楽器や歌や体操で飛び入り参加もしました。

しんあいファミリーデー_ブログ用

◆子供たちのアンケートより

今日、一番おもしろかったことはありますか?

  • 風船でロケットを作ったのがおもしろかった。
  • お友達と遊んだことがおもしろかった。
  • 名刺交換がおもしろかった。
  • 土曜コンサートのボランティアで体操をしたこと
  • クイズがおもしろかった

今日、学んだことはありますか? 

  • お砂糖は食べ過ぎると怖い病気にかかること
  • お塩をたくさん食べると病気になってしまうからたくさん食べてはだめ。
  • クイズで知らなかったことを知れたこと(心臓の大きさ、唾液の量)ハンディーキャップマークの意味)

 

おすすめ投稿

第37回信愛バザー 「よさこいソーラン清瀬」出演決定!!

2017年の信愛バザー(東京都清瀬市)は9月3日(土)に行います。
12時30分からは信愛の園のロータリーで「よさこいソーラン清瀬」の皆さんによる演舞が行われます。
ぜひお越しください。

よさこいソーラン清瀬 プロフィール

image

「踊ることが大好きな6歳から70代までのメンバーが集まった結成16年目のチームです。
清瀬を中心に、色々なお祭や保育園、福祉施設にて演舞を披露しています。明るく元気に、
艶やかに、皆さんの幸せな笑顔が増えますよう、心をひとつに踊ります!」

 

おすすめ投稿

「しんあいアートフェスタ2016」開催のお知らせ

今年もしんあいアートフェスタを開催いたします。
アートには、「芸術」だけでなく、「技」という言葉の意味があります。信愛報恩会が
行っている色々なプログラムを通して「アート」に触れ合う機会を企画しました。
信愛報恩会のご利用者による作品も展示しますので、どうぞ足をお運びください。

日時:10月31日(月)~11月5日(土) 10:00~17:00
場所:信愛ふれあいホール(信愛デイケアセンター2階)

%e9%ab%98%e4%ba%95%e5%85%88%e7%94%9f*終活セミナー 11月2日(水)14:30~
テーマ「エンディングノートで思いを託す」
終活とは、『自分の終焉をしっかり見つめ、今をよりよく、
自分らしく生きるための活動』です。実際にどのようなことを
すれば良いか、「エンディングノート」を使いながら、わかりや
すくご説明します。もしもの時に後悔をしないように準備をし
ましょう。
講師 高井豪先生(終活カウンセラー・上級インストラクター)
参加費 ノート代500円

 

%e9%9d%92%e6%a0%81%e5%8c%bb%e5%b8%ab*アートフェスタ記念講演会11月5日(土)14:30~
テーマ「認知症になったらどうする?」
認知症は誰もがなる可能性のある病気です。もし、自分
自身や家族が認知症になった時に正しい知識と対処方法を
知っておくことで、早期発見に繋がり進行を遅らせることがで
きます。是非、この機会に認知症の正しい知識を身につけて
みましょう。
講師 青栁宇以先生(信愛病院 もの忘れ外来)
参加費 無料

その他にも体験プログラムや芸術プログラムなどをご用意しています。

・ご利用者様作品展示(常設)
・芸術プログラム(絵手紙、クリスマス飾り等)
・体験プログラム(音楽療法、脳トレ等)
・子供体験プログラム(職業体験等)
・相談コーナー(よろず、がん療養など)
・信愛報恩会の施設見学(ランチ付)
・絵手紙コンテスト同時開催
※一部予約制、有料プログラムもあります。

詳しくは信愛報恩会ホームページをご覧ください。

第4回 絵手紙コンテスト「いいね賞」 発表

第4回絵手紙コンテストは、しんあいアートフェスタと同時開催をしており、どなたでも参加できるコンテストです。今年も関東近郊から多数応募がありました。ありがとうございました。今年の「いいね賞」を決定しましたのでお知らせいたします。また、寄付いただいた絵手紙は、患者さまにプレゼントさせていただきます。ありがとうございました。

■理事長「いいね賞」 ・・・匿名様

あけびは、ほんのりとした甘さがいいですね。絵の中に、仲間や家族が寄り添っているようです

理事長賞

■常務理事「いいね賞」・・・甫香様

「孤独」の楽しみがほのかに・・・

絵手紙

■院長「いいね賞」・・・紗衣ちゃん(小学1年生)

構図とコメントがおもしろい!

絵手紙コンテスト

■看護部長「いいね賞」・・・海部様

皆に支えられながらも、自分も支える側でありたいです。

絵手紙コンテスト

2017年 法人クリスマス祝会

今年も残すところあと僅かとなりました。12月15日の夜に法人クリスマス祝会を行いました。クリスマスのひと時、皆様に幸せが訪れるよう祈りました。Merry Christmas !

法人クリスマス

法人クリスマス祝会の後半は、職員の為の年忘れの時間です。今年は、のぞみの郷のBAND演奏で盛り上がります。

クリスマス祝会 クリスマス祝会

 

2017年 病院クリスマス祝会

12月9日(土)信愛病院 クリスマス祝会を開催しました。この日は、午前中から、真っ赤な洋服を着たサンタペアが、鈴の音をさせながら、病院中にプレゼントを配ってくれました。

午後のひと時は、待ちに待ったクリスマス祝会です。14時からは、A病棟、15時40分からは外来ロビーで行いました。 本日のゲストは、「音のかけはしファミリー」の皆様。プロの音楽家と子供たちによる演奏です。クリスマスソングあり、冬の歌あり、懐メロありで、あっという間に楽しい時間が過ぎてしまいました。子供たちの歌声は、素直で、のびやかで、患者さまはまるで孫の演奏を聞いているかのように、ニコニコ笑顔。また、プロの演奏家のクリスマス音楽がホールを包み込み、大人のクリスマスムードに。特にテノールの有銘さんのお話と歌声は、患者さまがたも共感され、勇気と感動のプレゼントとなりました。

最後は、メリークリスマスをスペイン語で、「FELIZ NAVIDAD!!」

■プログラム■

1 荒野の果てに(フランスの賛美歌)
2 冬のメドレー 〜たきび 、北風小僧の寒太郎、 ゆき、ペチカ、スキー〜
3 りんごのうた(サトウハチロー作詞 万城目正作曲)
4 赤鼻のトナカイ(J.マークス) &そりすべり(L.アンダーソン)
5 さやかに星はきらめき(A.アダン)
6 FELIZ NAVIDAD (J.フェリシアーノ)

■出演者■

音のかけはしファミリー
ありめせつこ(ソプラノ)、有銘哲也(テノール)
岡本夕佳(パーカッション)、上山 櫻記(フルート)、越永 純子(ピアノ)
音のかけはしこども合唱団 (コーラス)

信愛病院クリスマス祝会

信愛病院クリスマス祝会  信愛病院クリスマス祝会

信愛病院クリスマス祝会  信愛病院クリスマス祝会  

2017年度 院内研修発表会報告

11月21日に「2017年度 院内研修発表会」を行いました。研究発表をまとめるプロセスは、日常の治療や看護、介護に対して大切な「気づき」となります。今年は、8席の発表がありました。その中から、最優秀賞 A病棟(緩和ケア病棟)、優秀賞 E病棟(療養病棟)、特別賞 薬剤科が表彰されました。

■院内研修発表会プログラム

第一群発表
1席 「趣味活動を用いたアプローチにより麻痺側上肢への意識が変化した症例」:リハビリテーション科
2席 「自然な生活を取り戻すために」~尿便意を感じオムツを外してトイレに行く!~:D病棟
3席 「清掃5原則に沿って病院清掃を見直す」:清掃係
4席 「業務改善による申し送りの短縮化」~申し送りノートの作成と活用~:B病棟

第二群発表
5席 「スコアリングシステムを用いた予後予測の検討」~予後に応じたより良いケアのために~:A病棟
6席 「入院患者の転倒事例と服用薬の関連性の検討」:薬剤科
7席 「拘縮の手掌を清潔にたもつ(ミョウバン水の使用を試しみて)」:E病棟
8席 「せん妄、意識障害にて緊急入院した終末期患者の緩和ケア一例」:医局

院内研究発表会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

難民申請外国人に無料健診 

信愛病院は、無料低額診療事業を積極的に行っており、その一環として、外国人の難民申請者を含む外国人生活困窮者に対して、無料や低額での医療を提供しています。

昨年都内の病院として初めて外国人生活困窮者を対象とした無料健康診断行い、今年も2017年11月12日に15カ国、約50名の方に実施しました。

無料健康診断

第一回しんあい介護セミナー開催しました。

11月11日は介護の日にちなんで、介護セミナーを実施しました。当法人には、介護事業所がたくさんあり、介護職とご利用者のご家族とで連携をとって、「介護」に取り組んでいます。今回は、介護ジャーナリストの小山朝子さんに「やりがい再発見!介護というお仕事」のご講演いただきました。また、二部では、当法人で働くスタッフや介護をされているご家族と共に、「介護の大変さや介護という仕事の魅力について語り合いました。

「いい(11)日、いい(11)日、毎日、あったか介護ありがとう」

介護セミナー

しんあいアートフェスタ2017を開催しました

「しんあいアートフェスタ」を2017年10月30日~11月4日に開催いたしました。アートには、「芸術」だけでなく「技」という意味があり、今年も様々なプログラムを通して「アート」に触れあっていただきました。

■作品展示

信愛の園、信愛デイケアセンター、信愛苑、しんあい清戸の里、よろず相談のご利用者様の作品を展示しました。とても素敵な作品ばかりで、来場者は熱心に見られていました。

 

信愛苑 作品  清戸の里  

■アートプログラム

アートプログラムは、絵手紙教室、クリスマスツリーカード作り、クリスマス飾りづくりなどの制作づくりを行いました。約1時間ほどの時間でしたが、楽しみながら制作していました。

絵手紙  クリスマス飾りづくり

クリスマスカード

■体験プログラム

体験プログラムは、ボイストレーニング&ミニコンサート、わらべうた、アロマオイルを使ったセルフケア、 音楽療法体験、脳トレ元気塾(清瀬市事業)、 バルーンを作って遊ぼう(子供対象)、職業体験 「看護・介護体験」(子供対象)、アクティビティ・トイなど。大人も子供も夢中になったり、癒されたり、笑ったり、汗かいたり。

ボイストレーニング&ミニコンサート アロマオイルを使ったセルフケア

音楽療法体験 わらべうた

車椅子体験 アクティビティ・トイ

■相談プログラム

高齢者住まい相談、認知症相談、よろず相談、緩和ケア相談の相談を行いました。常設の相談としては、地域包括ケアセンターや病院の患者サポートセンターがありますので、お気軽にご相談ください。

■見学バスツアー

信愛病院→しんあい清戸の里→信愛苑→信愛デイケアセンター→信愛の園(試食)を見学しました。病院や高齢者の住まい、介護施設を知ることは将来の安心につながるとの感想をいただきました。

■終活セミナー

桑名理事長より、「人生の最期のあったて尊厳ある医療の選択をするために」の講演がありました。誰もがくる最期の時をどのように準備するかはとても大切なことです。ご家族や主治医と話し合いをもつことがとても大事なことです。

アートフェスタ2017開催!!

2017年10月30日からしんあいアートフェスタを開催いたします。
アートには、「芸術」だけでなく、「技」という言葉の意味があります。信愛報恩会が
行っている色々なプログラムを通して「アート」に触れ合う機会を企画しました。
信愛報恩会のご利用者による作品も展示しますので、どうぞ足をお運びください。

日時:10月30日(月)~11月4日(土) 10:00~16:00
場所:信愛ふれあいホール(信愛デイケアセンター2階)

*終活セミナー 11月3日(金)14:30~
テーマ「人生の最期にあたって尊厳ある医療の選択をするために」
元気なうちに自分の意思を記しておきませんか。
「リビング・ウィル(生前の遺書)」とは、病気や事故で意思表示が出来なくなっても、最期まで自分の意思を尊重した治療を行うことが出来ます。
この機会に「リビング・ウィル」について知識を身につけましょう。
講師 桑名斉先生(信愛病院 医師)
参加費 無料

 

 

アートフェスタプログラム

10月30日(月)
10時~ 絵手紙教室  講師:吉本(清戸の里ボランティア) 予約制  実費300円
13時~ 高齢者住まい相談 予約制
14時~  クリスマスツリーカード作り
講師:山口裕美子(アクティビティディレクター・絵画指導スペシャリスト)予約制  実費200円

10月31日(火)
10時~ ボイストレーニング&ミニコンサート 出演者:千場和美(ソプラノ) 北川美歩(ピアノ)
13時~ 認知症相談 予約制
14時~  わらべうた 講師:田村洋子(日本わらべうた教会代表) 予約制

11月1日(水)
10時~ クリスマス飾りづくり講師:柴山(レカンフラワーインストラクター) 予約制 実費500円
13時~ よろず相談 相談員:信愛地域包括支援センター」 予約制
14時~  アロマオイルを使ったセルフケア
講師:ベンゼル智子(IFA認定アロマセラピスト・按摩マッサージ指圧師)

11月2日(木)
10時~ 音楽療法体験 講師:福冨(信愛病院 音楽療法士)
13時~ 緩和ケア相談 予約制
13時15分~  脳トレ元気塾 講師:信愛地域包括支援センター 実費200円

11月3日(金)
9時30分~ 見学バスツアー 予約制
14時~ 終活セミナー 「人生の最期のあったて尊厳ある医療の選択をするために」
講師:桑名斉(信愛病院 医師)

11月4日(土)
10時~ 職業体験 「看護・介護体験」 講師:信愛病院 看護師
13時~ バルーンを作って遊ぼう 講師:サトル(バルーンアーティスト)
14時~  アクティビティ・トイ 講師:磯忍(高齢者アクティビティ開発センター主任研究員)

詳しくはアートフェスタポスターチラシをご覧ください。

 

 

2017年 慢性期医療学会発表

2017年10月19日~20日 仙台の国際センターにて、慢性期医療学会がありました。当院からは3名の職員が発表を行いました。日ごろの成果を外の学会で発表することによって、意見交換ができたり、他の病院の取り組みが知れたりと、多くの学びとなりました。

慢性期医療学会 仙台出張

仙台は寒かったのですが、とても素敵な街です。

仙台   仙台