作成者別アーカイブ: ボランティアコーディネーター

2019年5月14日動物ふれあい活動

今日は今にも雨が降り出しそうな曇り空の天気のなか、11人のボランティアさんと10匹の犬たちが活動に集合してくださいました。

2019年5月14日集合写真

本日の控室は特別養護老人ホーム信愛の園の会議室をおかりしました。

♦和田そら君の時節先取りコーナー

和田そら君(男の子)の令和だワン、コスチューム

「ほんとだワン!!」

♦A病棟・C病棟のふれあい

患者さんのお膝のポワロ君

今日の病室担当はポワロくんです。

見つめ合う患者さんとモゥモゥくん

モゥモゥくん、患者さんとアイコンタクト

患者さんのお膝のマリリンちゃん

マリリンちゃん、とてもお行儀がいいわね。

車いすの患者さん横のひじき君

ひじきくん、患者さんが顔を見たいと言ってるよ。

みくちゃん、人気だね。たくさんの手がのびてきたよ。

撫でられてうっとりのボーちゃん

ボーちゃん、患者さんにやさしく撫でられてうっとりだね。

シェットランド・シープドックのそらちゃん(女の子)

メイちゃんと交替して、今日はそらちゃんが参加です。(今日は和田そら君と笠原そらちゃんの二人がお揃いです。)

♦みんなで一芸コーナー

お母さんの指示を待つトム君

トム君、お母さんの指示で何してくれるのかな?

一芸の指示待ちのハイサイ君

ハイサイ君、一心にお母さんの次の指示を待っているよ。

みんなで一緒にやってみよう!!

全員で「待て」

さぁ、用意はいいかな。みんなで待てだよ。

全員でお母さんの所に「おいで」

「おいで!」お母さんの声かけで一斉に駆け寄ります。

♦14回目の“うちの子”シリーズはMIX犬のそら君です。

14回目の「うちの子」シリーズ、和田お母さんとそらくん深いため息を一つ。思い切り抱きしめて号泣。そんな情緒不安定な飼い主にそらは黙って寄り添ってくれました。決していいコとは言えません。ただ優しい犬だとは思っています。そらは犬が嫌いな人、犬を怖がる犬達に何故か好かれます。その中の一人の方にセラピードッグになることを勧められました。ですが、その当時の私はセラピードッグとは盲導犬の様になるべくして産まれた子犬が訓練し、更に試験でふるい落とされてなるものと認識していました。それからJAHAのアニマルセラピーを知るまでに2年の歳月が必要でした。私が飼った犬達は全員持病があり、先代犬で強いてんかん持ちのトイ・プードルの死後、もう犬は飼うまいと誓ったのです。それなのに1年が過ぎた頃には散歩で出会う犬に触らせてもらったり、ペットショップで子犬を見たりする様になりました。そんなある日いつもの様に子犬を眺めていると「気になるワンちゃんいますか?」とスタッフの方に声をかけられました。いつもは断るだけだったのに「マルプーはいませんよね。」と答えてしまいました。店内をくまなく見ていたので、いないはずでした。予想に反して奥からそらを連れて来たのです。抱っこしたら絶対に欲しくなります。こうしてそらはウチのコになりました。娘との最後のお別れの時に約束しました。生まれ代わって来て!必ず見つけるから。それがそらだったのではないかと思っています。2歳までの間に3回も手術をしたせいか、動物病院は大の苦手です。でも信愛に来る時は早く皆さんに会いたいのでしょう。とても嬉しそうにシッポをフリフリしながらイソイソ自ら入って行きます。ポンコツのハンドラーと自由過ぎるそらと、どちらが先に引退するのかわかりませんが、それまでどうかよろしくお願いします。あっ、そらが何か言いたいことがあるようです。ちょっと聞いてみましょう。僕が爆睡中にムギュッとしないでほしいな。お風呂に一緒に入った時にタオルをボクの頭にのせるのやめてね。それからボクはもう泳げるのだから、無理やりプールに投げこむのはやめて。自分のタイミングで行きたいから。それからえ~と まだまだ言いたいことがあるようですが今回はこの辺で。(和田加代子&そら)和田そら MIX犬 男の子♥和田そら君は平成29年4月11日からボランティアを開始しました。ぽちゃっとした体型がかわいくて、お母さんがつい‘ムギュッ’としたくなる気持ちがとてもよくわかります。お母さんが見えなくなると戻ってくるまでじぃーっといなくなった方を見て待っている姿はいつも注目してしまいます。お母さんは謙遜しているけど、そらくんはみんなと同様とてもよい子ですよ。お父さんの送り迎えで大事にされているそらくん、これからも待っていますよ。よろしくね。(病院スタッフ)

 

2019年4月9日動物ふれあい活動

平成最後の4月のふれあい活動は12人のボランティアさんと11匹の動物達が参加してくれました。桜のきれいなこんな日に集合してくれた皆さんに感謝です。

2019年4月9日集合写真

2019年4月9日集合写真

♦そらちゃんの仮装コーナー

幼稚園児仮装のそらちゃん

「さくら組和田そらです。」幼稚園ご入学です。あれ?先月はさくら中学校ご卒業じゃなかったでしたっけ?

♦病室でのふれあい

患者さん両手に花 マリリンちゃんとボーちゃん

ベッド上でマリリンちゃん(上)とボーちゃんくつろいでいるね。患者さんも両手に花(?)で嬉しそう

素敵な帽子ボーちゃん

ボーちゃん素敵なお帽子。シンクロナイズスイミングキャップのようね。「僕、男の子だけどね」

♦E病棟でのふれあい

ふれあいベテランハイサイ君

ふれあいベテランのハイサイ君、さすが堂々とした貫禄だね。

夢ちゃんふれあい

「僕と患者さんの目線をあわせるのにお母さんはいつも中腰でがんばってくれているの。腰を痛めないでね。」夢より

メイちゃんふれあい

いつも元気なメイちゃんだけど患者さんの前に来るとちゃんと心得ているのね。

患者さんに抱かれたポワロちゃん

ポワロ君、患者さんに抱かれてじっとしているとぬいぐるみのようね。

みくちゃんふれあい

青葉マークのみくちゃんなのにふれあいも一芸もとっても立派よ。

♦一芸披露コーナー

一芸披露のトム君

お母さんの足の間を、トム君お得意の高速八の字くぐり

パンジーちゃん一芸

パンジーちゃん、そこにいるだけで一芸になってるね。存在感抜群。

モゥモゥ君の一芸

お母さんの足の間をジャンプ。華麗なるモゥモゥ君のお得いなジャンプ。後ろではハイサイ君とお母さんが打合せ中です。

「僕上手に飛べたよ」顔のモゥモゥ君

「お母さん、僕うまく飛べたでしょ。」

♦13回目の“うちの子”シリーズはシェットランド・シープドッグのメイちゃんです。

うちの子シリーズ笠原メイちゃんとお父さんこんにちは。笠原メイです。シェットランド・シープドッグの4歳の女の子です。村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」に同姓同名の女性が出てくるのを知ってビックリしました。(偶然です)。うちには、同じくシェットランド・シープドッグで6歳の女の子の そら がいて、わたしが生まれる前から信愛病院の活動に参加していました。そらお姉ちゃんは、おしとやかだけど、わたしはお転婆なので、ちょっと無理かな、と思っていました。ある時、たまたま後藤先生に会う機会があって、思いがけず「メイちゃん、大丈夫だと思うよ」と言って頂きました。ホントにわたしにもできるかしら、と思ったものの、パパはすぐにその気になっちゃって、それ以来、そら と代わり番こで参加しています。わたしは、体重が11kgくらいあってちょっと重いですが、抱っこして頂ける利用者さんもいらっしゃって、お膝の上でまったりしています。これからも、よろしくお願い致します。

メイのハンドラーの笠原です。人も犬も好きなメイは、楽しく活動に参加しているようです。活動の後には、オキシトニンの分泌も増加しています。定年退職するまでは単身赴任も続いていて、犬を飼うことを断念していましたが、ある時、NHKドラマ「運命の犬ディロン」を観て、アニマルセラピーの素晴らしさを知りました。リタイア後は、信愛で活動されていた岡本さんに出会い、犬を迎える前から「人だけ」の形で活動に参加させて頂きました。その後に仔犬の そら を迎え、後藤先生のしつけ教室でお世話になって、生後8ヵ月を過ぎた時点から、一緒に活動するようになりました。リハビリのお手伝いもさせて頂くようになって、そら はそちらの活動をメインにしながらも、メイと代わり番こでふれあいの活動にも参加しています。 そら とメイとわたし、これからもよろしくお願い致します。

♥そらちゃんの初めての活動参加は平成25年12月10日、メイちゃんの初参加は平成28年12月13日でした。おとなしく控えめなそらちゃんとグイグイ活発なメイちゃん、対照的なふたりですが、ふたりともとてもよい子たちです。お父さんと一緒に末永くよろしくお願いしますね。(病院スタッフ)

 

2019年3月12日動物ふれあい活動

15人のボランティアさんと14匹の犬たち、本日はたくさんのファミリーが参加してくださいました。みんなとても元気にあふれていました。

2019年集合写真ボランティア15人犬14匹

恒例の集合写真です。

♣そらくんの「コスプレ」シリーズ

3月は卒業式シーズンですね。僕もさくら中学校を卒業します。

そら君の学ランコスプレ

第2ボタンくれますか?

♦ふれ合い活動

マリリンちゃんベットの患者さんとふれ合い

マリリンちゃん「おかげんいかがですか?」

アミーちゃん患者さんのお膝で緊張?

アミーちゃん緊張してます?

患者さんに頭を撫でられているひじきくん

ひじきくん、「あんた、おりこうだね。」って言われてるよ。

お母さんの手で手乗りワンコ状態のジョーくん

ジョーくん「お母さん力持ちだね。僕、手乗りワンコみたい・・」                 

患者さんの腕の中でゆったりしているメイちゃん

患者さんのお膝、メイちゃんいごごちよさそうだね。

パンジーちゃん患者さんとお鼻で挨拶

パンジーちゃん、患者さんととっても仲良しね。                       

夢ちゃん患者さんと握手

夢ちゃん、患者さんを見る目がやさしいね。

患者さんのお膝でポワロくん

ポワロくん。お母さんすぐそばにいるから大丈夫だよ。

患者さんの腕の中でハイサイくん

ハイサイ君、物憂い的な横顔もス・テ・キ

モゥモゥくんふれ合い

モウモウくん「こんにちは、重くないようにのりますね。」

患者さんを見つめるトムくん

トムくん、しっかりと患者さんの目を見ているね。

♦一芸コーナー

ボーちゃんのごろんと1回転一芸

ごろんと1回転、お見事ボーちゃん!

そらくん、「待て」でお母さん離れる一芸

待て!の指示で、お母さんが離れます。そら君

 

みくちゃん、お母さんの周りを廻る一芸

みくちゃん。お母さんの周りを1週出来るかな   

♦平成30年度最後の“うちの子”シリーズはミックス犬のトムくんです。

金井さんちの“うちの子”

こんにちは。金井トムです。ボクはマルチーズとミニチュアダックスのミックス犬の男の子です。生まれた時は真っ黒な体で、顔だけベージュだったけどだんだんグレーホワイト色になりました。チームリーダーの後藤先生のしつけ教室でお勉強して、2歳から信愛病院のボランティア活動に参加して、7歳になりました。見た目と違って(?)警戒心が強いので、なかなか患者さんのお膝の上でゆっくりとできないんだけど皆さんから「かわいいね!」と優しく撫でてもらったり、前足で握手するのが好きです。これからもボクとママのことをどうぞ宜しくお願いします。

金井さんちの”うちの子”トムくんとおかあさん

トムのハンドラーの金井です。当初は、私に犬連れボランティアが出来るのかしら?と不安な気持ちで参加しましたが、スタッフの方や先輩方の優しさや患者さんの笑顔に触れる度に私も癒されています。マイペース犬のトムのペースにあわせながら、これからも楽しく活動に参加させて頂きたいと思っています。(金井・トム)

♥ トムくんは平成25年12月10日が初回活動日でした。生まれた時は体が真っ黒だったって!!想像つきませんね。一目写真で見てみたかったので、無理を言って探してもらいました。まるでマントを着ているようですね。警戒心が強いなんてとても思えぬほど、ふれ合いでは患者さんを楽しませてくれていますよ。「人、いえ犬は見かけによらない」ですか(?)ね。(病院スタッフ)

2019年2月12日動物ふれ合い活動

今日のふれ合い活動はボランティアさん12名と11頭の犬たちが参加してくれました。寒い中控室に集合してくれた動物達は、皆、お互いクンクンと鼻での挨拶から始まります。

2月12日ふれ合い活動の集合写真

♦2月の風物詩

鬼のコスチュームのそらくん

「鬼に金棒」鬼に変身そらくん

 

豆まきには大活躍だったかな?

 

 

 

 

♦病棟でのふれ合い

ポワロくんのふれあい

お膝ですっかり落ち着いちゃったね。ポワロくん

 

 

 

 

 

 

患者さんのお膝で安心メイちゃん

気持ちよさそうだね。メイちゃん

 

 

 

 

 

マルチーズ犬のみくちゃん

みくちゃん、今日はほっこりしているね。

ハイサイ君ふれ合い

ハイサイくん今日のお顔とてもりりしいよ。

パンジーちゃんふれ合い

私、大きくてもかわいい女子なの。「パンジー」って名前なの。名前もすてきでしょ!

 

 

 

 

 

 

 

ボーちゃんふれ合い

ボーちゃん「僕、細面のイケメンだと思わない?」

 

 

 

 

 

 

♦今日の一芸

夢ちゃん、フラフープの輪ジャンプ

夢ちゃん、ジャンプ!

 

 

 

 

モゥモゥくん、パンジーちゃんをジャンプ越え

モゥモゥくん、大きなパンジーちゃんを飛び越えてジャンプ!

 

 

 

 

 

トムくん、お母さんの足の間S字廻り

トムくんはお母さんの足の間をS字廻り

 

 

 

 

そらくん、名前を呼ばれて「ハイ」

「和田そらくん」「ハイ。」

 

 

 

 

 

マリリンちゃんお母さんが呼ぶまで待ってるよ

マリリンちゃん「お母さん、早く呼んでね。」

 

 

 

 

 

 

パンジーちゃんの「お手」

パンジーちゃんのお手、ナイスショット!

 

 

 

 

 

 

♦今月の“うちの子”シリーズはMダックスのボーちゃんです。

中島さんちの“うちの子”

中島お母さんとボーちゃん

中島お母さんとボーちゃん

「こんにちは!僕は中島ボーです。ミニチュアダックスフンドという種類の7歳の男の子です。本名は『ボヌール』と言って、フランス語で「幸福」という意味です。ほぼ呼ばれたことはないです・・・皆さんも呼びやすいので『ボーちゃん』と呼んでくださいね!でも、実はボーという名前にも意味があってフランス語で「美しい」という意味なんです。ぼーっとしているからボーではないですよ!活動では抱っこが大好きなので、利用者様みんなに抱っこされてとても嬉しいです。ついついボーッとしちゃいます(笑)。おうちでは3歳の人間の弟と仲良く暮らしています。ちょっと乱暴なので、たまに嫌になっちゃうこともありますが(笑)、一緒に公園に散歩に行ったり、おもちゃで遊んだりして楽しく過ごしています!」

ボーちゃんと二本足の弟ボーちゃんのハンドラーの中島です。信愛病院では先住犬のビーちゃんもお世話になりました。私の出産と子育てを機に少しの間、ボランティアから離れていたのですが、また信愛病院で活動を再開できてとても嬉しく思います。間が空いていたにもかかわらず、ボランティアやスタッフの方々に温かく迎え入れて頂き感謝しています!普段の様子は知り得ない利用者様ですが、活動では明らかにみなさんいいお顔をされるので、訪問する度に嬉しくなります。利用者様のとびきりの笑顔に、こちらまで幸せな気分にさせて頂いています!これからも出来る限り活動に携わっていきたいと思っていますので、宜しくお願いします。(中島&ボー)    ビーちゃん(左)とボーちゃん(右)♥ボーちゃんの初回活動は平成24年9月11日でした。今回初めて『ボヌール』という素敵なボーちゃんの本名を知りました。ボーちゃん(写真右側)の前にビーちゃん(写真左側)が先輩犬として、平成23年2月8日から活動に参加していました。毛の色が違うので、気づいても良さそうなものですが、当時はいつ変わったのかわからなかったほど、感じがよく似ている、大人しい優しい子達です。これからも信愛ファミリーを一緒にもり立てていってくださいね。(病院スタッフ)

 

2019年1月8日動物ふれ合い活動

歴代の多くのボランティアさんに支えられて、ふれ合い活動も早22年目を迎えることが出来ました。いつもありがとうございます。今年も皆さまにたくさんの応援をお願いしたく、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2019年1月8日ふれ合い活動集合写真

今年初の活動はボランティア15人、動物13匹の参加でした。                                                              

♦ 獅子舞とイノシシ

MIX犬そらくんの獅子舞

僕は誰でしょう?

イノシシかぶり物のモウモウ

僕はイノシシのモゥモゥです。

♦患者さんとのふれ合い

ふれ合い活動ボーちゃん

お膝で落ち着いちゃったね。ボーちゃん

ふれ合い活動マリリンちゃん

「こんにちは」マリリンちゃん

患者カメラマンから「ハイ、チーズ」

「夢ちゃん、はい、チーズ」

ふれ合い活動そらくん

獅子舞は僕でした。MIX犬のそらくんです。

ふれ合い活動じょう助君

じょう助君「お母さんのご都合でしばらくお休みになります。僕のこと待っててね。」

♦みんなで一芸

一芸、みんなでジャンプ

小さいみくちゃんなのに「すごいジャンプ力だね。」

お母さんの足の間をそろってジャンプ。ハイサイ君とモゥモゥ君

お母さんの足の間をそろってジャンプ。ハイサイ君(左)とモゥモゥ君(右)

アミーちゃんのお手玉キャッチ、ベストショット

「ナイスキャッチ!」がばっちり撮れたね。

ポアロ君二本足走法

ポワロ君お得意の二本足法

♦2019年初回の“うちの子”シリーズはイングリッシュコッカスパニエル犬のアミーちゃんです。

浜村さんちの“うちの子”

浜村さんちのうちの子アミーちゃん

先代の「福来(フック)」はCAPP活動デビューが「信愛病院」で、患者様、病院スタッフとボランティアの皆様にたくさん可愛がって頂き感謝しております。「福来」と重なる形でCAPP活動を生後8か月でスタートした「アミー」はイングリッシュコッカスパニエル6歳の女の子です。“アミー”とは、友人を意味する“アミーゴ”から、たくさんのお友達が出来ますようにとの願いで名づけました。仰向けで耳をマッサージされるリラックスポジションが大好きな甘えん坊です。またアミーは散歩と食べることも大好きです。散歩と朝夕2回の食事前にくるっと回ります。私が教えたわけではなく、アミーが楽しい表現として考え出した技です。(笑)今後も名前の由来のように友好的で且つ楽しんで頂けるCAPP活動を心掛けて行きます。
(浜村富美子&福来&アミー)

♥初代のビーグル犬「福来くん」は平成14年11月12日が初参加でした。控室で待っている時も、気がつくといつもお母さんだけをまっすぐ見ているような、お母さんが大好きな子でした。二代目のアミーちゃんは、いかにも女の子という感じの人懐っこくてとてもかわいい子です。平成25年12月10日からの活動です。一芸で紹介しているようにとっても芸達者な子ですので、これからも楽しみにしていますね。(病院スタッフ)

2018年12月11日 動物ふれあい活動

平成30年最後のふれあい活動はクリスマス一色の楽しい活動になりました。たくさんのサンタとトナカイのオンパレードでした。今日は盛りだくさんの写真載せちゃいます。

平成30年最後のふれ合い活動集合写真

ボランティア14人、犬12頭の参加

♦サンタ編

サンタになったハイサイくん

ハイサイくんサンタ

サンタになったメイちゃん

メイちゃんサンタ

サンタ帽子をつけてみました

私も一応サンタなんです   (みくちゃん)

サンタ模様のマフラー飾り(パンジィちゃん)

♦トナカイ編

トナカイに扮したそらくん

そらちゃんトナカイ

トナカイに扮したマリリンちゃん

マリリンちゃんトナカイ

トナカイに扮したひじきくん

立派なトナカイに見えますよ。ひじきくん

♦信愛ファミリー犬のベストショット

ひらひら飾りのボーくん

ボーくんのひらひら首飾りお似合いね

見上げるトムくん

「セイヨウヒイラギ」模様の首飾りのトムくん

やさしく見上げるモゥモゥくん

モゥモゥくん見上げた瞳の先には誰がいるの?

やさしく見つめる夢ちゃん

夢ちゃんの優しいまなざし誰のもの?

 

りりしく見上げるじょう助くん

じょう助くん今日は一段とりりしい感じ

♦みんなで挑戦

「待て」の号令でみんな整列

みんなで「待て」

みんなで「待て」整列できてるね

みんなで「待て」パート2

今年最後の“うちの子”シリーズはミックス犬のハイサイくんです。

鳥居さんちの“うちの子”

こんにちは!鳥居ハイサイです。いつも皆さまにとても可愛がっていただき、本当  にありがとうございます。いつの間にか信愛病院にお邪魔するようになって5年がたちました。ハイサイ君は7歳のミックス犬で、沖縄のセンターからレスキューされた元保護犬です。人見知りがひどかったのでお友達ができるよう沖縄の言葉で「こんにちは!」の意味で「ハイサイ」と名付けました。はじめは人もワンちゃんも苦手でしたが、一生懸命お勉強して活動に参加させて頂いてからは、病院の皆さまやボランティアの先輩方お仲間の皆さまに優しくしていただき、今では信愛病院に到着するとシッポもウキウキ、喜び勇んで活動に参加しています。セラピードッグとして多くの方に愛されることで、本犬も癒され、人が大好きになれたと思います。いつもは犬猫併せて4シッポの家族で暮らしていて、弟分のミックス犬、パズー君もお隣の「信愛の園」で活動させていただいています。これからも感謝を込めて楽しく活動させて頂ければと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。・・良いお年を       (鳥居由紀 ハイサイ)

鳥居さんちのハイサイ君とお母さん♥ハイサイ君の初めての活動日は平成25年12月10日です。活動後まるまる5年がすぎました。初回時の写真を見ると、お鼻と同じくらいのまん丸で大きな瞳がふたつ、まるでぬいぐるみを抱いているようなかわいい姿が写っています。とても人見知りだったとは思えない程、患者様の人気を集めています。これからも信愛ファミリーの一員として活躍してくれることと楽しみにしています。(病院スタッフ) 

 

 

2018年11月13日動物ふれ合い活動

今年もあと1回を残すところとなった11月の活動は、15人、12匹のボランティアさんと動物たちが参加してくれました。今年の猛烈に暑く長い夏が終わり、やっと動物さん達も活動しやすい季節になったかな?

2018年11月13日ふれ合い活動集合写真

11月13日ふれあい活動集合写真

♦本日もかわいいコスチュームで参加です。

ウサギに変身マルチーズ犬のマリリンちゃん

お月見うさぎのマリリンちゃんです。

5歳の七五三、MIX犬のそら君

5才の七五三そらくんです。

♦A病棟のふれあい活動

A病棟ふれあい、シェルティ犬のそらちゃん

そんなに近くで見つめられると・・」今日はメイちゃんはお家でお留守番。そらちゃんが参加です。

A病棟病室ふれあい、MIX犬の仗助(じょうすけ)君

仗助(じょうすけ)君、病室をまわって患者さんと握手

♦C病棟のふれあい活動

C病棟ふれあい、MIX犬のハイサイ君

ハイサイくん、患者さんのお膝でリラックス。

C病棟ふれあい、Mダックスのボーちゃん

ボーちゃんおおいそがし。「待っててね、もうすぐ行くからね」          

C病棟ふれあい、MIX犬のひじきくんと夢ちゃん

君たち、やっぱり絵になるよね。ついつい見とれてしまう

C病棟ふれあい、一芸「待て」の指示

お母さんの「待て」の指示、出来るかな?      

C病棟ふれあい一芸、トム君も「待て」の指示

トム君も待ってるね。                       

初参加のマルチーズ犬みくちゃん

「初めまして」マルチーズ犬のみくちゃんです。ほやほやの若葉マークで~す。

♦8回目の“うちの子”シリーズはチワワとダックスのMIX仗助くんです。

大槻さんちの“うちの子”

こんにちは。大槻仗助です。チワワとダックスのミックスで3歳の男の子です。よく皆さんにはパピヨン!?と言われます。僕の名前はアニメからつけられました。よく「かっこいい名前だね」と言われます。元々、僕の兄貴分のマロンがお世話になっていましたが、今は僕だけ活動しています。マロンは、人が大好きすぎていつも大興奮でした。一緒にアクティブに遊びたいタイプです。そして、僕は人が大好きで、犬が苦手なのです。僕は、ゆっくりと触られたり抱っこされたりするのが好きなタイプです。皆さんのお膝の上やベッドでの添い寝は気持ちよくて大好きなので、これからもそんな僕と遊んでください。最後に僕のチャームポイントです。大きなお目々とお耳、まゆげが皆さんに褒められるので気に入っています。皆さん、僕を見つけたら⌈仗ちゃ-ん⌋と呼んでください。                                                              マロンくん(左)と仗助くん(右)

 

「うちの子」シリーズの大槻ママと仗助くん

♥ふれ合い活動先輩犬のマロンくんの初めての活動は平成27年11月10日でした。とても愛くるしい人懐っこい子で、いつも挨拶しに跳んできてくれました。二代目の仗助くんは平成28年9月13日から活動に参加、犬が苦手な仗助くんは控室で、ふれあいが始まるまでゲージの中に待機。活動が始まると一変、患者さんのお膝で満足そうに撫でられています。「僕は人間だよ」って思っているよね・・。(病院スタッフ)

2018年10月9日動物ふれ合い活動

本日のふれあい活動は10人のボランティアさんと9匹の犬が参加してくださいました。ハロウィン衣装で仮装したかわいい子達が患者様の注目を集めていました。

10月9日集合写真

撮影にも慣れたようで、しっかりカメラ目線の動物達です。

♦ハロウィン仮装

そらちゃんのハロウィン仮装

お目々が4つのそら君の仮装

そらちゃん仮装後ろ姿

はい、おりこうさん。「おやつをどうぞ」

マリリンちゃんハロウィン仮装

マリリンちゃんオレンジの衣装がとてもかわいいわ

トム君ハロウィンの仮装

トム君マントがとてもお似合いね。

♦みんなで「フラフープの輪に集合」

フラフープのゲーム、夢ちゃんとメイちゃん

夢ちゃんとメイちゃん「上手に入れたね。」

フラフープの輪の中のパンジーちゃん

「お母さんも入ったらキツイよ。」パンジィちゃん遠慮がち?               

じょう助君のフラフープ輪ジャンプ

一番小さい、じょう助君がフラフープジャンプに挑戦

♦A・C病棟のふれあい

ポワロ君患者さんのベットの中でおすわり

ポワロ君、患者さんからロックオン

モゥモゥ君患者さんとご対面

モゥモゥ君、患者さんとご対面

メイちゃん、患者さんのお膝の上

さすがメイちゃん、お膝の上で静かにふれあい    

♦7回目の“うちの子”シリーズはBフランダース犬のパンジィちゃんです。

近藤さんちの“うちの子”

信愛病院で活動しているワンちゃんの中で一番大きなブービエ・デ・フランダースのパンジィです。皆様のお仲間にいれていただき丸一年になります。人が大好きで気はやさしく力持ち。小さなわんちゃん、ねこちゃんと仲良しです。お客様がピンポーンといらしても全くほえる事もなく、毛も抜けないのでマンション暮らしにはピッタリ!得意な芸は「おすわり」、「伏せ」「待て」「おいで」「お手、おかわり」「8の字股くぐり」「カメラ目線」などです。ただし、ボール投げは好きではありません。毎月、信愛病院に通うのがパンジィの楽しみで喜びになっています。また、皆様にお会いする事で心安らかな気持ちになります。これからも元気に楽しく活動を続けていきたいと思います。

うちの子シリーズの近藤さんとパンジィ♥近藤さんは、引っ越しをされる3年前までは、ふれ合い活動の初代ボランティアリーダーとして活動をもりたててくださっていました。引越後少しお休みされていましたが、また一年前から再度参加してくださっています。活動が始まった平成9年からの参加で、最初の“うちの子”はゴールデン・レトリバー犬のジェニファちゃんから始まり、えり子ちゃん、マシューちゃん、アフガン犬のリラちゃん、ヨウム(鳥)のウィンちゃん、猫ののんのんちゃん。そして現在存在感抜群のパンジィちゃんへと歴代大型犬での活動をされています。皆体格は大型ですが、どの子も大人しい優しい子たちで患者様も毎回楽しみにしていました。また、お仲間に復帰していただきとても嬉しいです。パンジィちゃん、これからも宜しくね。(病院スタッフ)

 

 

 

2018年9月11日動物ふれ合い活動

8月の活動が夏休みでしたので、1ヶ月ぶりのふれあいでした。みんな今年の異常な暑さにも負けず元気な姿を見せてくれました。ボランティア数14人犬12匹

9月11日参加者集合写真

ひさびさの再会です。みんな元気だった?

♦A病棟でのふれあい

見つめ合う患者さんとポワロ

患者さんと鼻をつき合わせて何のご相談?

患者さんのおひざの中のじょう助君

らくちん、らくちん。おひざにすっぽりはまったじょう助君

♦C病棟でのふれあい

アミーちゃんのお手玉芸

お手玉キャッチ大成功。アミーちゃんのお得意芸。

やさしくなでてもらうボーちゃん

ボーちゃん、患者さんにやさしく撫でてもらってよかったね

患者さんのおひざの中のハイサイ君

お母さん、僕マッサージしてもらっていいの?

ハイサイ君気持ちよさそうだね。

「今日のご感想を」「みんなとてもおりこうな子ばかりでかわいかったよ。また来てね」  メイちゃん喜んでもらって良かったね。

モノクロコンビの夢ちゃんとひじき君。ほんとに瓜二つ。絵になる~。

♦今月の“うちの子”シリーズはトイ・プードルのジョー君です。7月の“うちの子”に登場したポワロちゃんの兄弟犬です。

島村さんちの“うちの子”

ジョーは今から9年前の2009年、生後2カ月でペットショップから迎えました。兄弟で一緒に活動しているポワロ君と違い、小さい頃からやんちゃで落ち着きがなく、じっとしていない性格。見るにみかねてチームリーダーの後藤先生のしつけ教室に通い、いろいろご指導いただき、セラピー活動の仲間入りをすることができました。動くことが大好きなジョー。ボールで遊んだり、フラフープを跳んだりが得意です。日頃あまり私が抱っこをしてあげていないせいか、信愛病院に来たら皆さんのお膝に乗せてもらえるので本当に幸せそうに丸くなって寝ています。トイ・プードル独特のふわふわな毛を皆さんが優しい手で触りながら、目を細めてくださる姿を見ることが私の至福の時です。いつも帰る頃には私が皆さんの笑顔に癒されて温かい気持ちになります。来年は10歳。無理なく活動を続けられていけたらと思います。

今月のうちの子シリーズジョー君

♥ジョー君の初めての参加は平成23年2月8日でした。お目々くるくるのとても小さな男の子の印象でした。人なつこくて誰にでも愛される、いつまでも見ていたいようなかわいいこです。箱入り息子のジョー君の写真があったのでついでに載せてしまいました。(病院スタッフ)箱に入ったジョー君

 

2018年7月10日動物ふれあい活動

7月の動物ふれあい活動の参加はボランティア数12人、犬10匹でした。7月に入ってから暑い日が続き動物達の体調も心配でしたが、集まってくれた信愛ファミリーは、今日もがんばって患者様に笑顔をプレゼントしてくれました。

全員の集合写真

今月の集合写真

♦E病棟でのふれあい

ミックス犬のひじきの写真

MIX犬のひじきちゃん おやつ食べていいんですか? うれしいワン!

ミックス犬のハイサイくんの写真

MIX犬のハイサイくん また来るからね、僕のこと覚えていてね。

Mダックス犬のボーちゃんの写真

Mダックス犬のボーちゃん 写真撮影ですか?ハンサムに撮ってね。

マルチーズ犬のマリリンちゃんの写真

マルチーズ犬のマリリンちゃん おひざで楽ちんです。                       

♦F病棟でのふれあい

Eコッカー犬のアミーちゃんの写真

Eコッカー犬のアミーちゃん お母さんしっかり支えていてね。

ミックス犬のトムくんの写真

MIX犬のトムくん 僕なぜか、カメラ目線になってしまうの。

ミックス犬のモゥモゥくんの写真

MIX犬のモゥモゥくん 僕のヘアーカットかっこいいでしょう。

ワンちゃん達の集合写真

ワンちゃんの集合写真 みんな真ん中に集合だよ。                      

♦今月の“うちの子”シリーズはトイプードル犬のポワロ君です。

近藤さんちの“うちの子”

ポワロがセラピーの活動を始めたのは、2歳の頃です。兄弟犬のジョーくんに誘われて参加させていただきました。ポワロは、ジョーくんと一緒に生後2ヶ月の頃、ペットショップの店頭に並べられていました。先にジョーくんがジョーママの所にもらわれ、その後6ヶ月近くになってもポワロはお店に残ってました。周りの小さな子犬達の中で一際大きく見えて、ろくにトリミングもしてもらえず、狭くなってくるケージの壁にお座りの姿勢でもたれながら、いつもぼんやり外を眺めてました。お店に立ち寄る度に、まだ売れないポワロが気になって仕方ありませんでしたが、すでに我が家には先住犬がいたので、ポワロを迎えることに少々ためらっておりました。けれどもとうとう、翌日にはどこかへ移動するという話を店員さんから聞いたとき、ちょっと待って、と思わず叫んで我が家に迎えることにしました。あの日たまたまお店にいたこと、これも運命だったと思います。ポワロは抱っこされることが大好きで、誰にでも人懐っこく可愛がられるセラピーにぴったりの犬でした。今年9歳になり、シニア犬になってきましたが、セラピーの時はいつも楽しそうに尻尾をふりふり元気に活動しております。ボールを取りに行くことは相変わらず出来ませんが、抱っこされたり撫でられたり、ブラッシングやスカーフを巻いていただいたりすることは大好きなので、これからも元気でいられる間は ポワロと一緒に楽しく活動して行きたいと願っております。

うちの子シリーズ近藤さんとポワロの写真

♥ポワロくんの初回参加は平成24年3月13日でした。小柄で、小さなお顔がかわいくてとても印象に残っています。近藤さんのお話にも出てくるジョーくんとポワロくんは兄弟で、活動でいつも一緒にならんでいる姿はとてもほほえましく、遠くに離ればなれにならないで「ほんとに良かったね」ってポワロママに感謝です。ポワロくんはいつも病室廻りで活躍してくれています。(病院スタッフ)