カテゴリー別アーカイブ: 信愛病院

2019年9月21日 信愛病院土曜コンサート「Piano Duo Figaro」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回の演奏はPiano Duo Figaro(ピアノデュオ・フィガロ)のお二人です。「文学と結びついた音楽」がテーマのコンサートでした。

プログラム

歌劇”フィガロの結婚”より「恋とはどんなものかしら」(モーツアルト)、ワルツ集”愛の歌”より第「8,4,11,12番」(ブラームス)、劇付随音楽”真夏の夜の夢”より「妖精の行進」「ノクターン」「結婚行進曲」「余興の音楽」「無骨者の踊り」(メンデルスゾーン)、歌劇”ホフマン物語”より「美しい夜、恋の夜」(オッフェンバック)、さらば友よ

どんどん日暮れが早くなっていくこの頃。芸術の秋と読書の秋を一度に楽しめる贅沢な午後を過ごしました。物語があることでどんな情景の音楽なのかが想像でき、ご出演のお二人もとても楽しく演奏をされたそうです。お二人の息の合った連弾によって、物語が豊かに伝わってきました。

 

 

2019年9月14日 信愛病院土曜コンサート「三上 恵子」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回は三上恵子さんにお越しいただき、クラシックギターの演奏を楽しみました。

プログラム

ラグリマ、メドレー、好きになった人、他

いつもクラシックギターの名曲や、懐かしの歌謡曲を演奏して下さる三上さん。郷愁を誘うギターの深い音色を、じっくりと味わいました。曲の合間には楽しいお話をしてくださり、観客の皆さまからも笑顔がこぼれます。とてもアットホームな雰囲気の中、存分にギターの魅力を知ることが出来ました。

2019年9月7日 信愛病院土曜コンサー「ポロニア・ネットワーク」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回いらしていただいたのは、当コンサートに長年ご出演いただいている、ポロニア・ネットワークの皆様です。ピアノと歌の素敵な演奏をお届けくださいました。

プログラム

ピアノソロ『リベル・タンゴ』『オブリヴィオン』、ピアノ連弾『秋メドレー』、ソプラノソロ『シルヴィアに』『エウリディーチェなしに』『落葉松』、みなさまで『もみじ』

情熱的なタンゴの調べから始まった今日のコンサート。ピアノソロでピアソラ作曲のタンゴを楽しんだ後は、ガラッと変わって日本の秋の歌のメドレーです。連弾の豊かな音色を聴いていると、色鮮やかな秋の風景が浮かび、ついつい歌を口ずさんでしまいます。後半はソプラノの素晴らしい歌声を楽しみました。まだまだ暑い日が続いてはいますが、音楽を通して秋の気配を感じることができました。

 

 

2019年8月31日 信愛病院土曜コンサート「相田 友子」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回は相田友子さんにいらしていただき、讃美歌と共にフラダンスを楽しみました。

プログラム

慈しみ深き、スティル、ありがとう、川のような平安が、君は愛されるために生まれた

讃美歌の調べにのせてのフラダンス、というのは珍しく思われますが、賛美フラやゴスペルフラとして、ハワイの教会などで行われているそうです。讃美歌の優しくあたたかなメロディと歌詞を、相田さんが体全体で表現して下さり、より讃美歌に込められた気持ちが伝わってきます。フラダンスのゆったりとした動きに心も和らぎ、歌詞に励まされる、そんな一時でした。

2019年8月24日 信愛病院土曜コンサート「Trio MinT」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回は音楽療法士のお二人が組んでいらっしゃるピアノ連弾の「Duo MinT(デュオ ミント)」に当院音楽療法士が打楽器で飛び入り参加し、「Trio MinT(トリオ ミント)」として演奏をしました。

プログラム

トルコ行進曲、ハンガリー舞曲第5番、スラブ舞曲第10番、リベルタンゴ、おもちゃの兵隊の行進、剣の舞、浜辺の歌

息がぴったりと合ったピアノ連弾を中心に、マリンバや打楽器がリズムを添えます。連弾曲ではお二人が座る位置を次々に交代して演奏される場面もあり、観客の皆様から歓声が上がっていました。マリンバの木の音色には、「バチや叩き方で音が全然違うんですね!」と感想を頂きました。お料理がしたくなるあの曲も、お楽しみいただけたようです。

2019年8月17日 信愛病院土曜コンサート「音楽チーム”遊”」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。夏のお休みで二週間ぶりの今回は、音楽チーム「遊」の皆様がいらして下さりました。ピアノソロや連弾で、バラエティ豊かなプログラムをお届け頂きました。

プログラム

エレクトリカルパレード、Lemon、千本桜、トルコ行進曲(ジャズ風)、ノクターンOp.9-2、幻想即興曲、チャルメン、上を向いて歩こう

ピアノの連弾を中心に、息の合った、躍動感のある演奏が続きます。ジャズ風のトルコ行進曲や、「チャルダッシュ」と「カルメン」を掛け合わせた「チャルメン」など、聞き覚えのある曲もまた違った印象で楽しめ、観客の方からも「迫力があって楽しかったです!」と感想を頂きました。最後は観客の皆様も一緒に声を合わせて『上を向いて歩こう』を合唱し、歌声が外来ロビーに響き渡りました。

 

 

 

2019年8月3日 信愛病院土曜コンサート「信愛寄席」

信愛病院外来ロビーにて信愛寄席を行いました。毎年、お正月と真夏にいらしていただいている信愛寄席の皆様。今年も笑いで暑気払いです!

プログラム

皿回し、うりこうりお、落語「お菊の皿」

蛙家けろっぴさんの皿回しでは、丸い皿はもちろん、角皿や、ザル、すし桶、たらいも回ります。最前列はスリル満点!途中観客の方も皿回しにチャレンジしていただきました。うりこうりおのお二人は、歌いながらの漫談です。笑ったり、「ああ、なるほど!」と感心してしまうオチもありました。最後は茶柱亭立丸さんの落語「お菊の皿」。こわーい怪談話かと思いきや、お菊さんの皿割りが賑やかなショーに!?沢山笑って、今年も夏を乗り越えられそうです。

2019年7月6日 信愛病院土曜コンサート「ササマユウコ」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。毎年ご出演いただいており、今回が11回目のご出演となります、ササマユウコさんです。「サウンドスケープ(音の風景)」の活動をされているササマさん。今回も初夏の風景をテーマに演奏をしてくださいました。

プログラム

「初夏の音風景をきく」

たなばたさま、サリー・ガーデン、かえるのうた、夏の思い出、故郷、星めぐりの歌

穏やかなピアノの音色に耳を澄ませていると、懐かしいメロディや様々な楽器の音が聴こえてきます。夜空に輝く天の川、小鳥が戯れる庭、カエルが大合唱する田舎の夜…そんな、この季節の原風景をそのまま外来ロビーに運んできていただいたようです。目を閉じながらゆったりと聴かれている観客の方も多くいらっしゃりました。お一人お一人、どんな風景が見えていたでしょうか。

 

2019年6月15日 信愛病院土曜コンサート「丸山ゆかりとハッピーマダムス」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。いつも心癒されるベルの演奏を届けて下さいます、丸山ゆかりとハッピーマダムスの皆さまです。今回は、近くにある信愛苑でのふれあいコンサートご出演の後、病院土曜コンサートにもご出演くださいました。

プログラム

靴がなる、ブラームスの子守唄、ワルツ、りんごの歌、銀座カンカン娘、東京ブギウギ、学生時代

梅雨空のムシムシと暑いなか、とても涼やかで澄んだ音が聴こえてきます。学校などでも使われている、ハンドベルに似たミュージックベルという楽器です。心のこもった演奏をするために、楽譜は見ないで、音を覚えて演奏をされるとのこと。一つ一つ違う音のベルを担当し、息を合わせるのはとても大変なことです!会場の皆さまも馴染みの歌を口ずさみながら、美しい音色を楽しまれていました。

 

2019年6月29日 信愛病院土曜コンサート「川村貢一郎」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回が初のご出演となります、歌の川村貢一郎(かわむらこういちろう)さん、同じく歌の藤記富子(ふじきとみこ)さん、そしてピアノの西本久美子(にしもとくみこ)さんによる、華やかなコンサートでした。

プログラム

『フィガロの結婚』からアリアと重唱を♪

「もう飛ぶまいぞこの蝶々」「復讐だ、復讐だ!」「愛の神よ」「訴訟に勝っただと?」「出てこい、この悪党小僧!」「恋とはどんなものかしら」

モーツアルトのオペラ『フィガロの結婚』より、アリア(劇中に唄われる独唱や重唱の歌)をたっぷりと歌っていただきました。曲の合間にはどのような場面なのかを解説してくださり、歌詞の言葉はわからなくても、登場人物のやり取りを楽しむことができました。30分間でオペラを1つ観てしまったかのようです!「オペラ」というと難しい印象もありますが、聞き覚えのあるメロディもたくさんあり、手や足でリズムをとりながら聴かれていた方もいらっしゃいました。