カテゴリー別アーカイブ: 信愛病院

2018年9月11日動物ふれ合い活動

8月の活動が夏休みでしたので、1ヶ月ぶりのふれあいでした。みんな今年の異常な暑さにも負けず元気な姿を見せてくれました。ボランティア数14人犬12匹

9月11日参加者集合写真

ひさびさの再会です。みんな元気だった?

♦A病棟でのふれあい

見つめ合う患者さんとポワロ

患者さんと鼻をつき合わせて何のご相談?

患者さんのおひざの中のじょう助君

らくちん、らくちん。おひざにすっぽりはまったじょう助君

♦C病棟でのふれあい

アミーちゃんのお手玉芸

お手玉キャッチ大成功。アミーちゃんのお得意芸。

やさしくなでてもらうボーちゃん

ボーちゃん、患者さんにやさしく撫でてもらってよかったね

患者さんのおひざの中のハイサイ君

お母さん、僕マッサージしてもらっていいの?

ハイサイ君気持ちよさそうだね。

「今日のご感想を」「みんなとてもおりこうな子ばかりでかわいかったよ。また来てね」  メイちゃん喜んでもらって良かったね。

モノクロコンビの夢ちゃんとひじき君。ほんとに瓜二つ。絵になる~。

♦今月の“うちの子”シリーズはトイ・プードルのジョー君です。7月の“うちの子”に登場したポワロちゃんの兄弟犬です。

島村さんちの“うちの子”

ジョーは今から9年前の2009年、生後2カ月でペットショップから迎えました。兄弟で一緒に活動しているポワロ君と違い、小さい頃からやんちゃで落ち着きがなく、じっとしていない性格。見るにみかねてチームリーダーの後藤先生のしつけ教室に通い、いろいろご指導いただき、セラピー活動の仲間入りをすることができました。動くことが大好きなジョー。ボールで遊んだり、フラフープを跳んだりが得意です。日頃あまり私が抱っこをしてあげていないせいか、信愛病院に来たら皆さんのお膝に乗せてもらえるので本当に幸せそうに丸くなって寝ています。トイ・プードル独特のふわふわな毛を皆さんが優しい手で触りながら、目を細めてくださる姿を見ることが私の至福の時です。いつも帰る頃には私が皆さんの笑顔に癒されて温かい気持ちになります。来年は10歳。無理なく活動を続けられていけたらと思います。

今月のうちの子シリーズジョー君

♥ジョー君の初めての参加は平成23年2月8日でした。お目々くるくるのとても小さな男の子の印象でした。人なつこくて誰にでも愛される、いつまでも見ていたいようなかわいいこです。箱入り息子のジョー君の写真があったのでついでに載せてしまいました。(病院スタッフ)箱に入ったジョー君

 

2018年7月10日動物ふれあい活動

7月の動物ふれあい活動の参加はボランティア数12人、犬10匹でした。7月に入ってから暑い日が続き動物達の体調も心配でしたが、集まってくれた信愛ファミリーは、今日もがんばって患者様に笑顔をプレゼントしてくれました。

全員の集合写真

今月の集合写真

♦E病棟でのふれあい

ミックス犬のひじきの写真

MIX犬のひじきちゃん おやつ食べていいんですか? うれしいワン!

ミックス犬のハイサイくんの写真

MIX犬のハイサイくん また来るからね、僕のこと覚えていてね。

Mダックス犬のボーちゃんの写真

Mダックス犬のボーちゃん 写真撮影ですか?ハンサムに撮ってね。

マルチーズ犬のマリリンちゃんの写真

マルチーズ犬のマリリンちゃん おひざで楽ちんです。                       

♦F病棟でのふれあい

Eコッカー犬のアミーちゃんの写真

Eコッカー犬のアミーちゃん お母さんしっかり支えていてね。

ミックス犬のトムくんの写真

MIX犬のトムくん 僕なぜか、カメラ目線になってしまうの。

ミックス犬のモゥモゥくんの写真

MIX犬のモゥモゥくん 僕のヘアーカットかっこいいでしょう。

ワンちゃん達の集合写真

ワンちゃんの集合写真 みんな真ん中に集合だよ。                      

♦今月の“うちの子”シリーズはトイプードル犬のポワロ君です。

近藤さんちの“うちの子”

ポワロがセラピーの活動を始めたのは、2歳の頃です。兄弟犬のジョーくんに誘われて参加させていただきました。ポワロは、ジョーくんと一緒に生後2ヶ月の頃、ペットショップの店頭に並べられていました。先にジョーくんがジョーママの所にもらわれ、その後6ヶ月近くになってもポワロはお店に残ってました。周りの小さな子犬達の中で一際大きく見えて、ろくにトリミングもしてもらえず、狭くなってくるケージの壁にお座りの姿勢でもたれながら、いつもぼんやり外を眺めてました。お店に立ち寄る度に、まだ売れないポワロが気になって仕方ありませんでしたが、すでに我が家には先住犬がいたので、ポワロを迎えることに少々ためらっておりました。けれどもとうとう、翌日にはどこかへ移動するという話を店員さんから聞いたとき、ちょっと待って、と思わず叫んで我が家に迎えることにしました。あの日たまたまお店にいたこと、これも運命だったと思います。ポワロは抱っこされることが大好きで、誰にでも人懐っこく可愛がられるセラピーにぴったりの犬でした。今年9歳になり、シニア犬になってきましたが、セラピーの時はいつも楽しそうに尻尾をふりふり元気に活動しております。ボールを取りに行くことは相変わらず出来ませんが、抱っこされたり撫でられたり、ブラッシングやスカーフを巻いていただいたりすることは大好きなので、これからも元気でいられる間は ポワロと一緒に楽しく活動して行きたいと願っております。

うちの子シリーズ近藤さんとポワロの写真

♥ポワロくんの初回参加は平成24年3月13日でした。小柄で、小さなお顔がかわいくてとても印象に残っています。近藤さんのお話にも出てくるジョーくんとポワロくんは兄弟で、活動でいつも一緒にならんでいる姿はとてもほほえましく、遠くに離ればなれにならないで「ほんとに良かったね」ってポワロママに感謝です。ポワロくんはいつも病室廻りで活躍してくれています。(病院スタッフ)

 

 

 

2018年7月21日 信愛病院土曜コンサート「佐々木 暁子」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回が6回目のご出演、佐々木暁子(ささきあきこ)さんです。

プログラム

ソナタ(スカラルッティ)、ソナタ(モーツァルト)、ゴールデンスランバーズ(ポール・マッカートニー作曲、武満徹編曲)、3クオーターブルース(ガーシュウィン)

涼やかなブルーのドレス姿で登場してくださった佐々木さん。ソナタではコロコロと鈴が坂道を転がるような軽やかさでピアノが歌い、1曲が終わると豊かな余韻に驚かされます。『ゴールデンスランバーズ』はビートルズの曲を現代音楽家の武満徹が編曲したという異色のプログラム。なじみのある心地よいメロディの中にも、新しい音の色が混ざります。古典のソナタからビートルズ、ガーシュウィンと、土曜コンサートならではの多彩なプログラムでした!

2018年7月14日 信愛病院土曜コンサート「山根かおる」

信愛病院外来ロビーにて、土曜コンサートを行いました。今回が23回目のご出演で、土曜コンサート、病院BGMボランティア、信愛苑ふれあいコンサートにいらしていただいている、山根(やまね)かおるさんのピアノ演奏です。

プログラム

ノクターンOp.9-2(ショパン)、アラベスク1番(ドビュッシー)、月の光(ドビュッシー)、子犬のワルツ(ショパン)、愛の夢(リスト)、幻想即興曲(ショパン)、アヴェ・マリア(シューベルト)

山根さんがピアノで一音奏でると、水に波紋が広がるように、ロビーに響きが広がっていきます。ロマンチックなショパンや、涼やかなドビュッシー、そして情熱的なリストと、幾重にも波紋が重なります。観客の皆さまも目をつむったり、祈るように手を組んだり。山根さんの美しく繊細な音楽に導かれ、それぞれの心の奥深くへ、潜っていらっしゃるようでした。

 

2018年7月7日 信愛病院土曜コンサート「ササマ ユウコ」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回が10回目のご出演となるササマユウコさんです。10年目の記念の回でした。

プログラム

たなばたさま、硝子星、見上げてごらん夜の星を、INORI(いのり)/祝福、星めぐりの歌

サラサラと流れる水の音、キラキラと舞い散る光の粒…ササマさんがお持ちくださった楽器を手に取り、観客の皆さまが音を奏でます。七夕の今日、信愛病院のロビーには音で紡ぐ銀河の流れが現れました。ゆったりとしたピアノの響きの中、空の星に想いを馳せます。皆様もご存じの歌では歌声も重なり、ゆったりとした流れを味わいました。

2018年6月30日 信愛病院土曜コンサート「ユニヴェール」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回が2回目のご出演となる、ユニヴェールの皆さまです。

プログラム

青い山脈、ラブユー東京、さくらんぼの実るころ、フライミートゥーザムーン、いつでも夢を、愛燦燦

歌、ピアノ、フルート、そして弦楽器のカルテットという豪華なメンバーで、懐メロやシャンソン、ジャズを楽しむことができました。昭和の歌姫を彷彿とさせる歌声と、豊かな楽器の音色に会場も痺れます!観客の方の中にはついつい立ち上がり踊り出す方もいらっしゃり、ここはダンスフロアでしょうか!大切な人と過ごした、青春の夜を思い出す…そんなひと時です。

 

 

2018年6月12日動物ふれあい活動

今月の活動日は今にも降り出しそうな曇り空の、ムシムシ感満載の日でした。そんな天候にもかかわらず、今日もたくさんの人と動物達が参加してくれました。

6月12日活動ボランティア集合写真

6月12日火曜日活動・ボランティア15人、犬12匹、猫1匹

♦A病棟でのふれあい活動

Eコッカー犬アミーちゃん

Eコッカー犬のアミーちゃん         患者さんのお膝で遠慮がちに「おじゃましています」

MIX犬じょう助君

MIX犬のじょう助君             患者様の手がしっかりじょう助君を支えています。

 

MIX犬夢ちゃん

MIX犬の夢ちゃん 「ハイ、どうぞ」

♦C病棟でのふれあい活動

Mダックス犬ボーちゃん

Mダックス犬のボーちゃん          患者さんと見つめあう顔がグッド

MIX犬トム君

MIX犬のトム君              「ハンサムに撮ってね」のカメラ目線

MIX犬ひじき君

MIX犬のひじき君              「握手。宜しくお願いします。」

♦一芸披露コーナー

マルチーズ犬マリリンちゃん

マルチーズ犬のマリリンちゃん       「はい、上手に出来ました。」

シェルティ犬メイちゃん

シェルティ犬のメイちゃん            お父さんと「ハイタッチ」

タンバリンを鳴らすアミーちゃん

アミーちゃんお得意のタンバリンでポン

♦今月の“うちの子”シリーズはMIX犬の夢ちゃんです。

永田さんちの“うちの子”

夢は子犬の頃に茨城県で保護された、紀州犬系の雑種です。一歳になる前からこちらで活動させていただいているので、もう10年以上になります。月一回のふれ合い活動のほかに、隔月で作業療法のお手伝いもしています。もともととても大人しい性格なもので、ボール投げのお手伝いはできないのですが、台の上でじっとして、患者様にブラッシングをしていただくのは得意です。夢もこちらで活動するのは大好きなようで、私が「さぁ、これから信愛病院よ」と声かけすると、大喜びで自分からトイレに行って用を済ませ、玄関でスタンバイしています。もう11歳ですので、あとどのくらいこの活動ができるかわかりませんが、少しでも長く、皆様と楽しい時間を過ごせることを祈っています。

6月のうちの子シリーズは夢ちゃんです。

♥夢ちゃんの初回活動は平成19年10月9日でした。初めての印象は、姿勢がよく、凛とした立ち姿がとてもきれいで、気品さえ漂わせているように思われました。人に例えると‘育ちのいいお嬢様’のような感じかな?これからも皆を引っ張っていってくださいね。(病院スタッフ)

 

 

 

 

 

 

 

2018年6月23日 信愛病院土曜コンサート「法政大学ギタークラブOBバンド」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。毎年演奏に来てくださっています、「法政大学ギタークラブOBバンド」の皆さまです。今年で10年目のご出演となります!

プログラム

ヘンリー・マンシーニメドレー、フランシス・レイ・メドレー、べサメ・ムーチョ、童謡「春」のメドレー、マンボNo.5

ギターだけでなく、チェロ、コントラバス、パーカッション、ピアノと総勢17名のアンサンブルでした。前半は懐かしの映画音楽(『白い恋人たち』など)を中心としたポップス、後半は思わず体が動き出すラテン音楽というプログラムです。『べサメ・ムーチョ』では情熱的なヴォーカルにうっとり。最後のマンボNo.5では手拍子だけでなく足でリズムを取ったり、体を揺らしたり…湿気が吹き飛んでしまうような、笑顔と活気あふれるコンサートでした。

 

2018年6月16日 信愛病院土曜コンサート「丸山ゆかりとハッピーマダムス」

信愛病院外来ロビーにて、土曜コンサートを行いました。前身のグループも含めて、今回が18回目のご出演!「丸山(まるやま)ゆかりとハッピーマダムス」の皆さまです。

プログラム

りんごの唄、銀座カンカン娘、学生時代、東京ブギウギ、上を向いて歩こう、アヴェ・ヴェルム・コルプス(モーツァルト)、この道、ゴンドラの唄、知床旅情、仰げば尊し、故郷

梅雨の蒸し暑い空気の中、ベルの涼やかな音が鳴り響きます。一人一人が違う音のベル持ち、息を合わせ、一つの音楽を作り上げていきます。メドレーも含め、たくさんの懐かしの歌を演奏してくださいました。華やかでかわいらしいベルの音で奏でられると、どの曲もキラキラと光り輝くようです。会場の皆さまの歌声も合わさり、たくさんの方々の息が合った瞬間でした。

2018年6月9日 信愛病院土曜コンサート「森林浴音楽会」

信愛病院外来ロビーにて、土曜コンサートを行いました。前身のグループから含め、今回が4回目のご出演となる、森林浴音楽会(しんりんよくおんがくかい)の皆さまです。

プログラム

懐かしの昭和歌謡、ピアノ演奏など

懐かしのメロディを中心に、聴いても楽しい、見ても楽しいアンサンブルでした!皆さんはカホンという楽器をご存知ですか?一見ただの箱のようです。が、叩くとまるでドラムのような様々な音がします。そんな珍しい楽器も紹介していただきながら、会場一体となって楽しむことができました。森林浴のように音楽のシャワーを浴び、リフレッシュ!

 

箱のような楽器、カホン