2019年3月23日 信愛病院土曜コンサート「メバルケット(相田 友子)」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。本日は予定が変更になり、初出演のメバルケットさん(相田友子さん)にお越しいただきました。讃美歌に合わせたゴスペルダンスということで、土曜コンサートの中でも初めてのプログラムでした。

プログラム

いつくしみふかき、心くじけて(一羽の雀さえ)、川のような平安が(安けさは川のごとく)、ありがとう、君は愛されるために生まれた

フラダンスを基調とした足元のステップと手の表現に、優しい讃美歌が寄り添います。腕の繊細な動きや表情からは、歌詞に込められた想いが伝わってきました。ハワイの教会などで行われているダンスということで、心も体もゆらゆらと安らぐ一時でした。賛美歌を共に歌われる観客の方もいらっしゃいました。

 

2019年3月16日 信愛病院土曜コンサート「山根かおる」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回は土曜コンサートでもお馴染みの、山根かおるさんのピアノ演奏です。楽しみにされていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

プログラム

ノクターンop.9-2(ショパン)、アラベスク第2番(ドビュッシー)、月の光(ドビュッシー)、子犬のワルツ(ショパン)、悲愴ソナタ第2楽章(ベートーヴェン)、幻想即興曲(ショパン)、アヴェ・マリア(シューベルト)

天気雨が降り、神秘的な雰囲気の午後、ピアノの繊細な音色に耳を傾けます。優しく語りかけるようなクラシック音楽の数々を聴きながら、皆さまはどんな風景を、どんな人を思い浮かべたでしょうか。最後の『アヴェ・マリア』では、目を閉じて祈るように聴き入っているかたが多くいらっしゃいました。

 

 

2019年3月9日 信愛病院土曜コンサート「山本絵里、遠藤百合」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回が8回目のご出演となります、ピアノの山本絵里さん、ヴァイオリンの遠藤百合さんのお二人です。

プログラム

冬(ヴィヴァルディ、四季より)、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ(バッハ)、幻想曲(ショパン)、朧月夜、他

ピアノとヴァイオリンの二重奏、そしてそれぞれのソロと、時に力強く、時に繊細な、素晴らしい演奏でした。山本さん、遠藤さんは、お二人のお話しのやり取りでも、いつも楽しませてくださいます。和やかにくつろげる雰囲気の中で、深く音楽を味わうことが出来る時間でした。ピアノもヴァイオリンも、間近に聴くと素晴らしい響きです。

 

2019年3月2日 信愛病院土曜コンサート「鈴木 真理子、桂 綾子」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回は、5回目のご出演となるピアノの鈴木真理子さん、そして初めてのご出演となるフルートの桂綾子さんのお二人でした。

プログラム

天使の糧(フランク)、愛の挨拶(エルガー)、アヴェ・マリア(バッハ、グノー)、歌の翼に(メンデルスゾーン)、天使の声(ブルグミュラー、25の練習曲より)、アリエッタ(グリーグ、抒情小曲集より)、さくら(日本古謡)、シャンソン・トリステ(チャイコフスキー)、セレナーデ(ウッダール)、ふるさと

少し春らしくはなってきたものの、まだまだ冷たい風が吹くこの日。澄み渡るようなフルートの音色と、優しく包み込むようなピアノの音色をじっくりと楽しみました。穏やかで心が明るくなるような曲も多く、お二人の暖かな演奏が、春を呼んできてくれるようです。最後の「ふるさと」では涙しながら歌われる方もいらっしゃいました。

 

2019年4月6日 信愛病院土曜コンサート「トイカフェ 二胡教室」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回は、土曜コンサートの中でもめずらしいプログラム、中国楽器の二胡(にこ)の演奏です。東久留米の「トイカフェ 二胡教室」の皆様がお越しくださいました。

プログラム

童神、ザ・ローズ、アメージング・グレイス、望春風、風の子守唄、見上げてごらん夜の星を

皆さまは二胡という楽器をご覧になったり、音を聴かれたことはありますか?とても優しく、絹のような滑らかな音がする楽器です。今回は9名の皆さまで、沖縄の歌や、讃美歌、そして台湾の曲と、様々な曲を披露してくださいました。メンバーの中には小学校三年生の男の子も!普段耳にしている曲も、二胡で奏でるとまた違う印象です。大陸の風を感じるコンサートでした。

 

2019年2月16日 信愛病院土曜コンサート「NOAH」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。昨年末に引き続き、今回もいらしてくださいました、NOAH(のあ)さんです。ピアノ弾き語りで、懐かしの名曲をたっぷりと届けてくださいました。

プログラム

梅干しの唄、りんごのうたメドレー(りんごのひとりごと~リンゴの唄~リンゴ追分~津軽のふるさと~リンゴの木の下で)、世迷い事、望郷じょんがら、蘇州夜曲、丘を越えて、ラバウル小唄

ロビーにNOAHさんのピアノと歌声が響き、歌詞をご覧になりながら歌う観客の皆様の声も、曲が進むにつれどんどん大きくなっていきます。様々なりんごのうたを歌ったメドレーでは、それぞれの楽曲の雰囲気の違いを楽しむことができ、りんごのいい匂いが漂ってくるようでした。『ラバウル小唄』では「さらば皆さん また会う日まで」「今日の出会いを ありがとう」と替え歌をして、皆様で歌い合いました!

2019年3月12日動物ふれあい活動

15人のボランティアさんと14匹の犬たち、本日はたくさんのファミリーが参加してくださいました。みんなとても元気にあふれていました。

2019年集合写真ボランティア15人犬14匹

恒例の集合写真です。

♣そらくんの「コスプレ」シリーズ

3月は卒業式シーズンですね。僕もさくら中学校を卒業します。

そら君の学ランコスプレ

第2ボタンくれますか?

♦ふれ合い活動

マリリンちゃんベットの患者さんとふれ合い

マリリンちゃん「おかげんいかがですか?」

アミーちゃん患者さんのお膝で緊張?

アミーちゃん緊張してます?

患者さんに頭を撫でられているひじきくん

ひじきくん、「あんた、おりこうだね。」って言われてるよ。

お母さんの手で手乗りワンコ状態のジョーくん

ジョーくん「お母さん力持ちだね。僕、手乗りワンコみたい・・」                 

患者さんの腕の中でゆったりしているメイちゃん

患者さんのお膝、メイちゃんいごごちよさそうだね。

パンジーちゃん患者さんとお鼻で挨拶

パンジーちゃん、患者さんととっても仲良しね。                       

夢ちゃん患者さんと握手

夢ちゃん、患者さんを見る目がやさしいね。

患者さんのお膝でポワロくん

ポワロくん。お母さんすぐそばにいるから大丈夫だよ。

患者さんの腕の中でハイサイくん

ハイサイ君、物憂い的な横顔もス・テ・キ

モゥモゥくんふれ合い

モウモウくん「こんにちは、重くないようにのりますね。」

患者さんを見つめるトムくん

トムくん、しっかりと患者さんの目を見ているね。

♦一芸コーナー

ボーちゃんのごろんと1回転一芸

ごろんと1回転、お見事ボーちゃん!

そらくん、「待て」でお母さん離れる一芸

待て!の指示で、お母さんが離れます。そら君

 

みくちゃん、お母さんの周りを廻る一芸

みくちゃん。お母さんの周りを1週出来るかな   

♦平成30年度最後の“うちの子”シリーズはミックス犬のトムくんです。

金井さんちの“うちの子”

こんにちは。金井トムです。ボクはマルチーズとミニチュアダックスのミックス犬の男の子です。生まれた時は真っ黒な体で、顔だけベージュだったけどだんだんグレーホワイト色になりました。チームリーダーの後藤先生のしつけ教室でお勉強して、2歳から信愛病院のボランティア活動に参加して、7歳になりました。見た目と違って(?)警戒心が強いので、なかなか患者さんのお膝の上でゆっくりとできないんだけど皆さんから「かわいいね!」と優しく撫でてもらったり、前足で握手するのが好きです。これからもボクとママのことをどうぞ宜しくお願いします。

金井さんちの”うちの子”トムくんとおかあさん

トムのハンドラーの金井です。当初は、私に犬連れボランティアが出来るのかしら?と不安な気持ちで参加しましたが、スタッフの方や先輩方の優しさや患者さんの笑顔に触れる度に私も癒されています。マイペース犬のトムのペースにあわせながら、これからも楽しく活動に参加させて頂きたいと思っています。(金井・トム)

♥ トムくんは平成25年12月10日が初回活動日でした。生まれた時は体が真っ黒だったって!!想像つきませんね。一目写真で見てみたかったので、無理を言って探してもらいました。まるでマントを着ているようですね。警戒心が強いなんてとても思えぬほど、ふれ合いでは患者さんを楽しませてくれていますよ。「人、いえ犬は見かけによらない」ですか(?)ね。(病院スタッフ)

2019年2月12日動物ふれ合い活動

今日のふれ合い活動はボランティアさん12名と11頭の犬たちが参加してくれました。寒い中控室に集合してくれた動物達は、皆、お互いクンクンと鼻での挨拶から始まります。

2月12日ふれ合い活動の集合写真

♦2月の風物詩

鬼のコスチュームのそらくん

「鬼に金棒」鬼に変身そらくん

 

豆まきには大活躍だったかな?

 

 

 

 

♦病棟でのふれ合い

ポワロくんのふれあい

お膝ですっかり落ち着いちゃったね。ポワロくん

 

 

 

 

 

 

患者さんのお膝で安心メイちゃん

気持ちよさそうだね。メイちゃん

 

 

 

 

 

マルチーズ犬のみくちゃん

みくちゃん、今日はほっこりしているね。

ハイサイ君ふれ合い

ハイサイくん今日のお顔とてもりりしいよ。

パンジーちゃんふれ合い

私、大きくてもかわいい女子なの。「パンジー」って名前なの。名前もすてきでしょ!

 

 

 

 

 

 

 

ボーちゃんふれ合い

ボーちゃん「僕、細面のイケメンだと思わない?」

 

 

 

 

 

 

♦今日の一芸

夢ちゃん、フラフープの輪ジャンプ

夢ちゃん、ジャンプ!

 

 

 

 

モゥモゥくん、パンジーちゃんをジャンプ越え

モゥモゥくん、大きなパンジーちゃんを飛び越えてジャンプ!

 

 

 

 

 

トムくん、お母さんの足の間S字廻り

トムくんはお母さんの足の間をS字廻り

 

 

 

 

そらくん、名前を呼ばれて「ハイ」

「和田そらくん」「ハイ。」

 

 

 

 

 

マリリンちゃんお母さんが呼ぶまで待ってるよ

マリリンちゃん「お母さん、早く呼んでね。」

 

 

 

 

 

 

パンジーちゃんの「お手」

パンジーちゃんのお手、ナイスショット!

 

 

 

 

 

 

♦今月の“うちの子”シリーズはMダックスのボーちゃんです。

中島さんちの“うちの子”

中島お母さんとボーちゃん

中島お母さんとボーちゃん

「こんにちは!僕は中島ボーです。ミニチュアダックスフンドという種類の7歳の男の子です。本名は『ボヌール』と言って、フランス語で「幸福」という意味です。ほぼ呼ばれたことはないです・・・皆さんも呼びやすいので『ボーちゃん』と呼んでくださいね!でも、実はボーという名前にも意味があってフランス語で「美しい」という意味なんです。ぼーっとしているからボーではないですよ!活動では抱っこが大好きなので、利用者様みんなに抱っこされてとても嬉しいです。ついついボーッとしちゃいます(笑)。おうちでは3歳の人間の弟と仲良く暮らしています。ちょっと乱暴なので、たまに嫌になっちゃうこともありますが(笑)、一緒に公園に散歩に行ったり、おもちゃで遊んだりして楽しく過ごしています!」

ボーちゃんと二本足の弟ボーちゃんのハンドラーの中島です。信愛病院では先住犬のビーちゃんもお世話になりました。私の出産と子育てを機に少しの間、ボランティアから離れていたのですが、また信愛病院で活動を再開できてとても嬉しく思います。間が空いていたにもかかわらず、ボランティアやスタッフの方々に温かく迎え入れて頂き感謝しています!普段の様子は知り得ない利用者様ですが、活動では明らかにみなさんいいお顔をされるので、訪問する度に嬉しくなります。利用者様のとびきりの笑顔に、こちらまで幸せな気分にさせて頂いています!これからも出来る限り活動に携わっていきたいと思っていますので、宜しくお願いします。(中島&ボー)    ビーちゃん(左)とボーちゃん(右)♥ボーちゃんの初回活動は平成24年9月11日でした。今回初めて『ボヌール』という素敵なボーちゃんの本名を知りました。ボーちゃん(写真右側)の前にビーちゃん(写真左側)が先輩犬として、平成23年2月8日から活動に参加していました。毛の色が違うので、気づいても良さそうなものですが、当時はいつ変わったのかわからなかったほど、感じがよく似ている、大人しい優しい子達です。これからも信愛ファミリーを一緒にもり立てていってくださいね。(病院スタッフ)

 

2019年2月9日 信愛病院土曜コンサート「Piano Duo Figaro」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。「大雪が降るかも!?」という天候の中、お越しいただいたのはPiano Duo Figaro(ぴあの・でゅお・ふぃがろ)のお二人です。

プログラム

野ばら、アヴェ・マリア、楽興の時 第3番、未完成交響曲 第1楽章、ピアノ五重奏曲「ます」第4楽章、「白鳥の歌」よりセレナーデ

今回は「シューベルトな午後」と題して、シューベルトの楽曲づくしのプログラムでした。お2人の4本の手が、ぴったりと息を合わせて音楽を紡いでいきます。1人の作曲家の曲と言えども、歌曲、器楽曲、交響曲と多彩です。一方でどの曲でもシューベルトの若い想いや情熱が感じられ、お二人の演奏を通して、若い頃を思い出された方もいらしたようでした。寒さ厳しい中、お越しいただきありがとうざいました。

 

2019年2月2日 信愛病院土曜コンサート「ポロニア・ネットワーク」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートをこないました。今回が13回目のご出演となります、ポロニアネットワークの皆さまです。フルートの澤田さん、ソプラノの上村さん、ピアノの川田さんのアンサンブルでした。

プログラム

リュートに寄せて、うれしい象さん、ほしとたんぽぽ、しらかば、おもてなし、愛は花、「歌の翼」による幻想曲、ムーンリヴァー

前半はソプラノの歌の演奏、後半はフルートの演奏に、ピアノの伴奏が寄り添います。『うれしい象さん』の歌では「ウフフフフ」と一人(一頭?)で笑っている象が登場します。聴いているこちらも思わず「フフフ」と笑ってしまうような楽しい歌でした。フルートの演奏では、清々しいフルートの音色が心や身体にしみこんでくるようです。寒さに縮んだ心がふわりとほぐれるような、素敵なコンサートでした。