2019年6月15日 信愛病院土曜コンサート「丸山ゆかりとハッピーマダムス」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。いつも心癒されるベルの演奏を届けて下さいます、丸山ゆかりとハッピーマダムスの皆さまです。今回は、近くにある信愛苑でのふれあいコンサートご出演の後、病院土曜コンサートにもご出演くださいました。

プログラム

靴がなる、ブラームスの子守唄、ワルツ、りんごの歌、銀座カンカン娘、東京ブギウギ、学生時代

梅雨空のムシムシと暑いなか、とても涼やかで澄んだ音が聴こえてきます。学校などでも使われている、ハンドベルに似たミュージックベルという楽器です。心のこもった演奏をするために、楽譜は見ないで、音を覚えて演奏をされるとのこと。一つ一つ違う音のベルを担当し、息を合わせるのはとても大変なことです!会場の皆さまも馴染みの歌を口ずさみながら、美しい音色を楽しまれていました。

 

2019年6月29日 信愛病院土曜コンサート「川村貢一郎」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回が初のご出演となります、歌の川村貢一郎(かわむらこういちろう)さん、同じく歌の藤記富子(ふじきとみこ)さん、そしてピアノの西本久美子(にしもとくみこ)さんによる、華やかなコンサートでした。

プログラム

『フィガロの結婚』からアリアと重唱を♪

「もう飛ぶまいぞこの蝶々」「復讐だ、復讐だ!」「愛の神よ」「訴訟に勝っただと?」「出てこい、この悪党小僧!」「恋とはどんなものかしら」

モーツアルトのオペラ『フィガロの結婚』より、アリア(劇中に唄われる独唱や重唱の歌)をたっぷりと歌っていただきました。曲の合間にはどのような場面なのかを解説してくださり、歌詞の言葉はわからなくても、登場人物のやり取りを楽しむことができました。30分間でオペラを1つ観てしまったかのようです!「オペラ」というと難しい印象もありますが、聞き覚えのあるメロディもたくさんあり、手や足でリズムをとりながら聴かれていた方もいらっしゃいました。

2019年6月22日 信愛病院土曜コンサート「柾本遂也」

信愛病院外来ロビーにて、土曜コンサートを行いました。今回いらしていただいたのは、長年土曜コンサートや信愛苑ふれあいコンサートにご出演いただいています、柾本遂也(まさもとゆきや)さんです。ピアノの演奏をお届けいただきました。

プログラム

女学生、アルプスの夕映え、月の光、美女と野獣、雨に唄えば、へ長のメロディー

土曜コンサートは10年目のご出演となる柾本さん。タイトルではピンと来なくても、聴いてみると耳馴染みのある曲をたくさん演奏してくださり、終了後には観客の方から「こんな題名の曲だったんですね!」との声も聞かれていました。クラシック曲に加え、今回は記念ということで当院音楽療法士の福冨も連弾で加わり、ディズニー映画より『美女と野獣』、ジャズバージョンの『雨に唄えば』をお送りしました。

2019年6月8日 信愛病院土曜コンサート「NOAH」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。本日は土曜コンサートでもお馴染み、NOAH(のあ)さんです。今回も歌の歌詞をご用意いただき、会場の皆さまと歌いました。

プログラム

夏は来ぬ、ちゃっきり節、黄昏のビギン、美しい昔 、わが良き友よ、憧れのハワイ航路、花

「夏は来ぬ」から始まり、雨の歌など、季節を感じる歌を取り揃えてくたさいました。しっとりと湿度を感じる歌から、カラッと夏空を感じる歌まで、曲の解説も楽しみながら歌うことがてきました。梅雨に入りジメジメとした気分になりがちですが、歌えばスカッと爽快です!!観客の皆様も笑顔でお帰りいただいていたのが印象的でした。

 

 

 

 

2019年6月1日 信愛病院土曜コンサート「森林浴音楽会」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。6月になり、本日は1日、月の初めに来て下さったのは、森林浴音楽会の皆様です。NPO法人に所属されている音楽家の方々の中から、本日のために集まったメンバーでお越しいただきました。

プログラム

懐かしの昭和の歌謡曲から

誰もが知っている昭和の懐かしい歌謡曲を、3人の歌手の方、そしてピアニストの方で、演奏してくださいました。目の前で繰り広げられる生の歌謡ショーをじっくりと堪能することができ、青春時代に聴いた歌は自然と口ずさんでしまいます。様々な思い出や風景を思い出しながら、楽しまれていた方が多いのではないでしょうか。日によって毎回メンバーが違う森林浴音楽会の皆様。次はどのようなコンサートになるでしょうか。楽しみです!

 

 

 

2019年7月27日 信愛病院土曜コンサート「大津孝行」

信愛病院外来ロビーにて、土曜コンサートを行いました。今回のご出演は、今年で土曜コンサートにご出演いただいて20周年の大津孝行さんです。

プログラム

管弦楽組曲第2番より「序曲」(バッハ作曲)、ロンド(モーツァルト作曲)、「歌声の響き」(上皇陛下作曲・上皇后陛下作詞)、「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」(バート・ハワード作曲)、「見上げてごらん夜の星を」(いずみたく作曲)、「ローエングリン」より「エルザの大聖堂への行進」(ワーグナー作曲)

すっかり夏らしくなった今日、土曜コンサートでお馴染みの大津さんにお越しいただき、フルートの音色と歌を楽しみました。クラシックを中心に、ジャズや歌謡まで、幅広いプログラムです。合間には心のこもったお話を伺いました。モーツァルトに扮していらしてくださり、まるで中世のお城のサロンで音楽を楽しむような、素敵な土曜日の午後でした。

2019年7月20日 信愛病院土曜コンサート「佐々木 暁子」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回が8回目のご出演となります、佐々木暁子さんのピアノ演奏を楽しみました。

プログラム

アラベスク(シューマン)、蝶々(シューマン)、エレジー(メンデルスゾーン)

涼やかな水色のドレスでお越し下さった佐々木さん。シューマンの波乱万丈な人生やお相撲について(!)の楽しいトークを交えながら、時に穏やかに、時にコミカルに、時に力強く、ピアノを演奏して下さいました。当時の人気小説に曲を付けた「蝶々」では、様々な場面が目の前で繰り広げられるようでした。

 

 

2019年7月13日 信愛病院土曜コンサート「松浦佳代、加藤宏子」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回は歌の松浦佳代さん、ピアノの加藤宏子さんにお越しいただき、夏に似合う抒情歌を楽しみました。

プログラム

椰子の実、やわらかに柳青める、夢見たものは、芭蕉布、海に来たれ、ラ・メール、ウィーンわが夢の街、夏の思い出、ふるさと

『椰子の実』に始まり、海辺が思い出されるような抒情歌を、美しくやわらかな歌声と寄り添うようなピアノ伴奏でお届けくださりました。ゆったりと包まれるような気持ちで、歌の情景に思いを馳せます。後半は異国情緒あふれる歌もあり、様々な風景が思い浮かびました。最後は『ふるさと』を皆様で歌い、さながら夏の小旅行から帰ってきた気持ちです!

 

 

2019年7月9日動物ふれあい活動

今日は例年の7月とはちがい暑すぎず、活動しやすい環境でした。15人12匹のボランティアさんと動物達が参加してくださいました。

7月9日集合写真

7月9日集合写真

♦「そらくんの変身仮装コーナー」

そらくんの仮装コーナー

もう気分は夏休み、題して「ハワイへバケーション

そらくんアロハの後ろ姿

せっかくなので、後ろ姿もどうぞ!

♦本日の新人さんの紹介

新人さんのクラムちゃん

唐クラム君とお母さんです。

これから末永くよろしくお願いしますね。

♦C病棟のふれあい

活動前に一頭一頭犬達の紹介があります。

ふれあい前の紹介ハイサイ君

患者さんに、鳥居お母さんがハイサイ君の紹介をしています。

おすまし顔のマリリンちゃん

マリリンちゃんかわいいお顔でおすまし。

患者さんとトム君

トム君、患者さんにお顔を触らせてあげてね。

患者さんとメイちゃん

メイちゃん、患者さんの顔をしっかり見てるね。

青葉マークのエルピス君

青葉マークのエルピス君もしっかりふれあい出来てるね。

ボーちゃん横顔

今日もボーちゃん、横顔がステキね。

♦一芸コーナー

みくちゃん一芸

お母さんを見ながら歩調をあわせて歩くみくちゃん。

ポワロちゃん一芸

ポワロ君が二本足で歩いています。

そらくん一芸

「1番のボールを取ってきて」とお母さん。「僕、今日は気がのらないんだけど・・。」

クラム君一芸

初めての一芸できちんとお座り出来ましたね。クラムくん。

モウモウ一芸

「お母さん、僕今日はなにするの?」って言ってるのかな、モゥモゥくん!

アミーちゃん一芸

アミーちゃん、今日の一芸はなにかな?

♦今月の“うちの子”はマルチーズ犬の池内みくちゃんです。

こんにちは。うちの子は名前を『みく』と云う4才になるマルチーズの女の子です。みくは4代目のワンコです。と言っても初代から3代目は同時期に暮らしていたので、2代目みたいな感じです。2代・3代目が毎年離れていき、私がよく“毎年悲しい思いをするのは嫌だ”と嘆いていたからでしょうか。初代の子はその後2年頑張ってくれ、18才10ヶ月傍にいてくれました。自分の年齢を考え“残したら可哀想、飼うのは無理”と諦め、ペットショップに行っては仔犬を眺めていましたが、ある日お店の方に「ダッコしてみますか?」と聞かれ「良いんですか?はい!」と答えてしまったのがいけなかった!???前の子達とは違う利かん坊・いたずらん坊の性格とどう接していいか解らず悩みながらも4年が過ぎ、今は居なくてはならない家族の一員の存在です。そんな『みく』と何か一緒に出来ることがあったら良いなぁーと考え始めた時に動物病院でJAHAのドッグセラピーのパンフレットを見て、おてんばなみくには無理かもと思いつつ、見学させていただいた後、リーダーさんに「参加しても良いですよ」と言われた時はとても嬉しかった事を覚えています。まだまだ半人前凸凹コンビですが、先輩ハンドラーさん達にアドバイスをもらいながら活動していけたらと思います。これからもどうぞ宜しくお願いします。(池内恵子&みく)

今月のうちの子はマルチーズ犬池内みくちゃんです。

マルチーズ犬のみくちゃん

みくちゃん頑張ってるね。ありがとうね。

♥平成30年11月13日初参加のみくちゃんは小柄ではありますが、とても元気で活発な女の子です。一芸でもみんなが驚くぐらいのハイジャンプを見せてくれます。お母さんの顔を見て、きっちり横について歩く姿はとても堂々としていて、貫禄さえ感じさせます。これからも信愛ファミリーでの活躍を期待していますね。(病院スタッフ)

2019年5月25日 信愛病院土曜コンサート「dolce(ドルチェ)」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。真夏のような暑さの本日お越しいただいたのは、dolce(ドルチェ)の田生紀代美(たのうきよみ)さんです。ピアノの演奏を楽しみました。

プログラム

Summer(サマー)、少年時代、メドレー「花~夏の思い出~ふるさと~赤とんぼ~七つの子~母さんの歌」、春の歌、フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン、ムーン・リバー、サンライズ・サンセット、上を向いて歩こう

「Summer(サマー、夏)」という曲から始まった通り、初夏にぴったりの曲をたくさん演奏して下さりました。途中、愛唱歌が続くメドレーでは、会場の皆さまも大きな声で歌われます。後半は懐かしの映画やミュージカルの曲も登場!味わいのあるピアノの響きを堪能しつつ、「ああ、今年も夏が来るなぁ」…と感じるコンサートでした。体が慣れず熱中症になりやすいこの時期、皆様も十分に水分と休息をとって、お体にお気をつけください。