カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2019年11月12日動物ふれあい活動

本日のふれあい活動参加者はボランティア13人、動物11頭でした。今日は「七五三」にちなんで和装や洋装で着飾ってくれました。

2019年11月12日集合写真

♦本日の晴れ着ショーを存分お楽しみください。

晴れ着姿のマリリンちゃん

着物姿のマリリンちゃん

後ろ姿もお見せしましょう

後ろ姿のマリリンちゃん

みんなで揃って

みんなで揃って「ハイチーズ!」

タキシードを着たハイサイ君

タキシード姿のハイサイ君「どう?似合う」

♦ベッド上でのふれあい

家族も参加で大賑わい

赤ちゃんも参加で大賑わい。ポワロ君とエルピス君

♦E病棟でのふれあい活動

袴姿のそらくん

七五三は終わったけど今日は袴姿のそらくん

歩くだけで注目のパンジーちゃん

歩くだけで注目の的パンジーちゃん

一芸でボール取ってきましたクライムくん

「ボール取って来い」できましたね。エルピスくん

みんなで待て

みんなで待てできるかな       

パンジーちゃんとメイちゃん

ツーショットパンジーちゃん・メイちゃん      

トムくんとマリリンちゃん

そらくんとクラムくん

 

晴れ着のボーちゃん

晴れ着のボーちゃん               

晴れ着のモゥモゥくん

 

仲良し。エルピスとポワロ

仲良し。エルピスくんとポワロくん

♦今月の“うちの子”シリーズはトイ・プードルのクラムくんです。
唐さんちの“うちの子”

うちの子クラム

こんにちは。3才のトイプードル、クラムとハンドラーの唐と申します。クラムは比較的穏やかな性格の男の子で、日々のお散歩では他の飼い主さんに撫でられるのが大好きです。大概の犬に近寄れるので、沢山の飼い主さんと知り合うことが出来ました。愛犬家のグループとも親しくなり、色々な事を教えて頂きました。その中にボランティアに参加しているワンちゃんがいて、「クラムちゃんどう?」と声をかけられたのがきっかけです。躾もきちんと出来ていない初心者飼い主に務まるか不安でしたが、「ワンちゃん次第なのよ」と聞き、ダメ元で進めてみたところ参加の許可がいただけました。初めての参加までは、飼い主以外が抱き上げる練習を愛犬家の方々にお手伝い頂き、先輩ボランティアが丁寧に教えてくださりと、沢山のご協力がありました。私達のボランティア参加を、周りが喜んで支えてくれることでとても力が湧きました。信愛病院にはこの夏デビューしました。クラムにとっては様々な人に撫でられる幸せな時間、毎回楽しそうです。洗い立てのフワフワした足をさわって笑顔がこぼれる利用者様を見ると、私も嬉しくなります。まだまだ緊張もあり、話し下手ですが、クラムと共に芸を磨いて楽しんでもらえるよう頑張りたいです。これからも宜しくお願いします。(唐 幸子&クラム)

幼少の頃のクラムちゃん 

♥ 2019年7月9日、病棟に七夕飾りが飾られていた日に、クラムちゃんは初めてのふれ合いに参加してくれました。見たとおりの愛くるしいお顔は患者様からも思わず「かわいい」のお声が。先月の“うちの子”のエルピスくんとも、1ヶ月違いの新人犬です。先輩犬にまけず、堂々とふれあいしている姿に職員もにんまりです。これからもとても楽しみにしています。(病院スタッフ)

2019年10月8日動物ふれあい活動

本日のふれあい活動は13人のボランティアさんと11匹の動物たちの参加でした。
今日はハロウィンの衣装をまとった動物たちの様子をたっぷりとご紹介します。

10月ふれあい集合写真

集合写真

♦控え室舞台裏のご紹介

控室風景1

全員集合

控室風景2

衣裳合わせですか?

控室風景3

みんなで情報交換

♦ふれあいの様子

病室ふれあいパンジーちゃんとポワロ君

ベッド上でのふれあい Bフランダース犬パンジーちゃんとトイ・プードル犬ポワロ君

トイ・プードル犬クラム君

新人のトイ・プードル犬クラム君

トイ・プードル犬ジョー君

ベテランのトイ・プードル犬ジョー君

MIX犬そら君

仮装でおなじみのMIX犬そら君

MIX犬トム君

お目々ぱっちりMIX犬のトム君

MIX犬ハイサイ君

沖縄育ちのMIX犬ハイサイ君

MIX犬ひじき君

抜群の貫禄MIX犬のひじき君

Mダックス犬ボー君

お膝お座り上手なMダックス犬ボーちゃん

シェルティ犬メイちゃん

人大好きシェルティ犬のメイちゃん

ボロニーズ犬エルピス君

もう一匹の新人ボロニーズ犬のエルピス君

♦今月の“うちの子”シリーズはボロニーズ犬のエルピス君です。

下澤さんちの“うちの子”

初めまして。下澤エルピスと申します。1才5ヶ月になるボロニーズの男の子です。昨年の4月に、愛してやまないかけがえのない先住犬のハンナ(ワイヤーダックス)を17才9ヶ月で天に送り、予想もしていない喪失感の大きさに立ち上がることが出来なかったところ、奇しくも、ハンナの葬儀を執り行ってくださった教会の牧師から、ご自身で繁殖された仔犬をハンナの弟として迎えることが出来ないかとご連絡をいただきました。私の年齢では、犬の一生を責任をもって見届ける事はもう無理だと思い、お断りするつもりでおりましたが、何度かご相談をしていくうちに、もし万が一、飼えない事態が起きても引き取ってくださるというお申し出に涙が出るほど嬉しく、昨年8月末に我が家に迎えることになりました。再び犬と一緒に暮らす幸せと明日に生きる希望を持たせていただいた感謝をこめて、迎えた仔犬に ELPIS(エルピス、ギリシャ語で希望という意味)と名付けました。実際に迎えてみると、良く言えば天真爛漫、言葉を換えると相当なやんちゃ坊主で、先住犬は、繁殖リタイア犬でおとなしく困らされたことがありませんでしたから、初めての白い小さな仔犬の動きに文字通り目が回る毎日でした。エルピスの実家では、両親と兄弟(4頭)と一緒に、100日あまり充分可愛がられて成長したおかげで、人間も犬も大好きな子に育ちました。通っている獣医師の先生からは”ハッピーボーイ”と呼ばれるくらいです。エルピスが来てくれたおかげで、再び動き出した生活を感謝しています。しつけ教室の先生からCAPP の働きを教えていただき6月から参加させていただくようになりました。
今は、老人医療施設を中心に伺わせていただいています。本人(犬)は、入所者様や職員の皆様に可愛がられて撫でられることがただただ嬉しく楽しみにしているようです。まだまだ未熟で、ご披露出来る”一芸”もないのですが、いつの日か立派なセラピー犬になれたらどれだけ嬉しいことでしょう。エルピスの成長をお見守りくださったら幸いです。   (下澤まゆみ・エルピス)

現在のエルピス君

 

♥ エルピス君は今年(2019年)6月11日が初回活動で、今回で4回目の活動となります。まだ性格を把握出来ていないのですが、控室での臆することなく先輩犬と和んでいる姿や患者さんに撫でられても平気でいる様子をみていると、これから先がとても楽しみです。(病院スタッフ)

2019年9月10日動物ふれあい活動

夏休み明けの9月の活動日はとても暑い日でした。病院前の道を歩いてくる姿に感謝感謝です。12人、10頭のボランティアさんと動物たちが参加してくれました。

9月10日ふれあい活動集合写真

♦ そらくんのお祭りコスチューム

お祭りコスチューム

浴衣姿のそらくん

浴衣姿のそらくん

後ろ姿もどうぞ

♦本日のふれあい活動

久しぶりのパンジーちゃん

久しぶりのパンジーちゃん大人気

ボーちゃんのふれあい風景

ボーちゃん暑さに負けず、頑張ってるね

トム君のふれあい風景

トム君、患者さんニコニコしているよ

大勢の熱気のなか、みんな、交替で休みながらふれあいです。

そらちゃんのふれあい風景

そらちゃん、優しいまなざしでご対面

ハイサイ君のふれあい風景

患者さんが支えてくれているよ、ハイサイ君

Eコッカーのアミーちゃん

アミーちゃん早く涼しくなるといいよね

マルチーズ犬のマリリンちゃん

「お母さん次はなにする?」マルチーズのマリリンちゃん

 新人ふたりも頑張ってるよ!

新人クラムくん

新人トイ・プードル犬のクラムくん

新人エルピスくん

新人ボロニーズ犬のエルピスくん

♦今月の“うちの子”はMIX犬のひじき君です。

こんにちは。橘田ひじきです。ミックス犬、3歳、男の子です。「ひじき」という名前は、海藻のひじきのように真っ黒だからです。食べ物の名前をつけると長生きするということをどこかで聞いたご主人が、それを信じてつけてくれた名前です。 家では、「ひーさん」と呼ばれて可愛がってもらっています。僕は、岡山県から5匹の兄弟と一緒に東京へやってきました。兄弟達の行き先がそれぞれ決まっていき、僕が一番最後になったけれど、「残り物には福がある」の言葉通り、今やご主人は「大きな福を手に入れた!」と僕に感謝しています。子犬の期間は短くて、あっという間に成長してご主人の想定外の行動をとったものだから、しつけ教室を受講させられることになりました。そのご縁で信愛病院の活動に、平成30年1月から参加しています。活動にはたくさんのワンちゃんたちがいるのでとても楽しみにしていて、ついテンションがあがりがちになってしまいます。周りのワンちゃんや皆様にはご迷惑おかけしています。反省 今後は、いろいろな芸をマスターして皆様に楽しんでいただけるよう、また僕自身も楽しんで活動していきたいと思います。これからも宜しくお願いします。

今月のうちの子橘田ひじきくん

こんにちは。ひじきのハンドラーの橘田(きった)です。ひじきのいくつものいたずらにお手上げ状態で、しつけ教室を受講したのがご縁で動物ふれあい活動に参加しています。いたずらっ子のひじきが、いまセラピー犬として皆様のお役に立てていることを思うと、とても嬉しく思います。私は、ハンドラーとしてまだまだ未熟者です。先輩ハンドラーの皆様や病院の皆様のご指導、宜しくお願いします。(橘田陽子&ひじき)ひじきくん幼少の頃 

 

 

 

 

 

♥ひじきくんの初デビューは平成29年12月12日です(病院の記録では)。黒い子なのでみんなとの写真ではなかなか表情が読めないのですが、実はとても精悍な顔つきのハンサムボーイなのです。小さな子が多い信愛ファミリーのなかで、大型犬並みの存在感があります。患者さんにもとてもやさしいひじき君、これからも大いに頼りにしています。(病院スタッフ  )

2019年7月20日 信愛病院土曜コンサート「佐々木 暁子」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。今回が8回目のご出演となります、佐々木暁子さんのピアノ演奏を楽しみました。

プログラム

アラベスク(シューマン)、蝶々(シューマン)、エレジー(メンデルスゾーン)

涼やかな水色のドレスでお越し下さった佐々木さん。シューマンの波乱万丈な人生やお相撲について(!)の楽しいトークを交えながら、時に穏やかに、時にコミカルに、時に力強く、ピアノを演奏して下さいました。当時の人気小説に曲を付けた「蝶々」では、様々な場面が目の前で繰り広げられるようでした。

 

 

2019年7月9日動物ふれあい活動

今日は例年の7月とはちがい暑すぎず、活動しやすい環境でした。15人12匹のボランティアさんと動物達が参加してくださいました。

7月9日集合写真

7月9日集合写真

♦「そらくんの変身仮装コーナー」

そらくんの仮装コーナー

もう気分は夏休み、題して「ハワイへバケーション

そらくんアロハの後ろ姿

せっかくなので、後ろ姿もどうぞ!

♦本日の新人さんの紹介

新人さんのクラムちゃん

唐クラム君とお母さんです。

これから末永くよろしくお願いしますね。

♦C病棟のふれあい

活動前に一頭一頭犬達の紹介があります。

ふれあい前の紹介ハイサイ君

患者さんに、鳥居お母さんがハイサイ君の紹介をしています。

おすまし顔のマリリンちゃん

マリリンちゃんかわいいお顔でおすまし。

患者さんとトム君

トム君、患者さんにお顔を触らせてあげてね。

患者さんとメイちゃん

メイちゃん、患者さんの顔をしっかり見てるね。

青葉マークのエルピス君

青葉マークのエルピス君もしっかりふれあい出来てるね。

ボーちゃん横顔

今日もボーちゃん、横顔がステキね。

♦一芸コーナー

みくちゃん一芸

お母さんを見ながら歩調をあわせて歩くみくちゃん。

ポワロちゃん一芸

ポワロ君が二本足で歩いています。

そらくん一芸

「1番のボールを取ってきて」とお母さん。「僕、今日は気がのらないんだけど・・。」

クラム君一芸

初めての一芸できちんとお座り出来ましたね。クラムくん。

モウモウ一芸

「お母さん、僕今日はなにするの?」って言ってるのかな、モゥモゥくん!

アミーちゃん一芸

アミーちゃん、今日の一芸はなにかな?

♦今月の“うちの子”はマルチーズ犬の池内みくちゃんです。

こんにちは。うちの子は名前を『みく』と云う4才になるマルチーズの女の子です。みくは4代目のワンコです。と言っても初代から3代目は同時期に暮らしていたので、2代目みたいな感じです。2代・3代目が毎年離れていき、私がよく“毎年悲しい思いをするのは嫌だ”と嘆いていたからでしょうか。初代の子はその後2年頑張ってくれ、18才10ヶ月傍にいてくれました。自分の年齢を考え“残したら可哀想、飼うのは無理”と諦め、ペットショップに行っては仔犬を眺めていましたが、ある日お店の方に「ダッコしてみますか?」と聞かれ「良いんですか?はい!」と答えてしまったのがいけなかった!???前の子達とは違う利かん坊・いたずらん坊の性格とどう接していいか解らず悩みながらも4年が過ぎ、今は居なくてはならない家族の一員の存在です。そんな『みく』と何か一緒に出来ることがあったら良いなぁーと考え始めた時に動物病院でJAHAのドッグセラピーのパンフレットを見て、おてんばなみくには無理かもと思いつつ、見学させていただいた後、リーダーさんに「参加しても良いですよ」と言われた時はとても嬉しかった事を覚えています。まだまだ半人前凸凹コンビですが、先輩ハンドラーさん達にアドバイスをもらいながら活動していけたらと思います。これからもどうぞ宜しくお願いします。(池内恵子&みく)

今月のうちの子はマルチーズ犬池内みくちゃんです。

マルチーズ犬のみくちゃん

みくちゃん頑張ってるね。ありがとうね。

♥平成30年11月13日初参加のみくちゃんは小柄ではありますが、とても元気で活発な女の子です。一芸でもみんなが驚くぐらいのハイジャンプを見せてくれます。お母さんの顔を見て、きっちり横について歩く姿はとても堂々としていて、貫禄さえ感じさせます。これからも信愛ファミリーでの活躍を期待していますね。(病院スタッフ)

2019年6月11日動物ふれあい活動

今日はボランティア15人、犬13匹の参加でした。そろそろ梅雨でワンちゃん達にはムシムシする活動のつらい時期になってきます。8月の夏休みまであと1回がんばってご参加お願いします。

2019年6月11日集合写真

恒例の集合写真です。今回若葉マークが2匹参加です。

♦初参加の新人さんご紹介です。

新人のエルピス君です。

ボロニーズ犬のエルビス君です。

新人のレオン君です。

Mシュナウザー犬のレオン君です。

信愛ファミリーに仲間入り、ありがとうございます。これからよろしくお願いしますね。

♦「そらくんの仮装」コーナー

ジューン・ブライド仮装のMIX犬のそらくん

ボクは6月の花嫁になりました。永遠の愛を・・ 

そらくん、男の子にしておくのもったいないくらい似合ってるよ。

♦病室でのふれあい

シェルティ犬のそらちゃんふれあい

今月はメイちゃんに替わってそらちゃんの参加です。お父さんの姉妹への愛が嬉しいね。

マルチーズ犬のマリリンちゃんのふれあい

マリリンちゃん、「わたし振り向き美人かしら」

♦病棟でのふれあい

ライオン・ヘアーのモゥモゥくんふれあい

ライオンヘアーのモゥモゥくん

お手玉キャッチ挑戦のアミーちゃん

「アミーちゃん ハイ、投げますよ」

MIX犬ひじき君のふれあい

ひじきちゃん「ボクのアゴ重くないですか?」

トイ・プードルジョー君のふれあい

「こんにちは。僕は島村ジョーです。どうぞよろしくお願いします。」

トイ・プードルポワロ君のふれあい

「そして僕は、ジョー君と兄弟犬の近藤ポワロです。僕のこともよろしくね。」

MIX犬ハイサイくんのふれあい

沖縄生まれのハイサイくん。「はい、こんにちは(ハイサイ)。」

Mダックス犬のボーちゃんふれあい

ほんとの名は「幸福」という意味のボヌール君です。でも皆「ボーちゃん」って呼んでくれるんだよ。

マルチーズ犬みくちゃんのふれあい

「みくちゃん、何か見つけちゃったかな?」

MIX犬そら君のふれあい

ジューン・ブライドになってくれたそらくん、お疲れ様でした。患者さんのお膝でゆったりくつろいでるね。

♦今月の“うちの子”シリーズはマルチーズ犬のマリリンちゃんです。

古川さんちの“うちの子”

こんにちは。マルチーズのマリリンです。この6月で4歳になります。マリリンを家に迎える時、家族で犬を飼うのは初めてだったので、色々調べたり、家族の希望を聞いたりして、マルチーズがいいということになったのでした。マリリンが家に来た時は生後2ヶ月になる前だったのですが、その頃から人が大好きで、それは今も変わっていません。散歩中に知っている人を見かけると、とても嬉しそうに駆け寄って挨拶をします。また、知らない人が歩いて来ても、控えめに近づいていき、じっと見つめたりするので、時間に余裕のある人や犬好きの人から声をかけていただくことが多いです。家でのマリリンはとても甘えん坊で、すぐに仰向けになってお腹を撫でてもらいたがります。また、妹分の猫の小夜ちゃん(1歳半)とも仲良しです。時々猫パンチされていますが、マリリンも負けずに追いかけたりしています。信愛病院のボランティアには2年前から参加させていただいています。最初に見学に来た時、みんな穏やかでいい子たちなので、マリリンにできるか少し心配でしたが、実際参加してみると困った行動をすることもなく、利用者様のお膝に乗せていただいたり、撫でていただいたりして、いつも嬉しそうにしています。これからも利用者様と一緒に楽しい時間を過ごしていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

マリリンちゃん妹分猫の小夜ちゃんと。

♥古川マリリンちゃんは平成29年10月10日が初活動日でした。真っ白い毛にくりくりお目々の活発な女の子という印象がありました。ふれあいでも最初から臆せず患者さんの輪の中で、ゆったりとお膝でくつろぐことが出来ていました。信愛ファミリー犬はどうやらつわもの揃いの様で、これからもとても楽しみです。(病院スタッフ)

 

2019年5月14日動物ふれあい活動

今日は今にも雨が降り出しそうな曇り空の天気のなか、11人のボランティアさんと10匹の犬たちが活動に集合してくださいました。

2019年5月14日集合写真

本日の控室は特別養護老人ホーム信愛の園の会議室をおかりしました。

♦和田そら君の時節先取りコーナー

和田そら君(男の子)の令和だワン、コスチューム

「ほんとだワン!!」

♦A病棟・C病棟のふれあい

患者さんのお膝のポワロ君

今日の病室担当はポワロくんです。

見つめ合う患者さんとモゥモゥくん

モゥモゥくん、患者さんとアイコンタクト

患者さんのお膝のマリリンちゃん

マリリンちゃん、とてもお行儀がいいわね。

車いすの患者さん横のひじき君

ひじきくん、患者さんが顔を見たいと言ってるよ。

みくちゃん、人気だね。たくさんの手がのびてきたよ。

撫でられてうっとりのボーちゃん

ボーちゃん、患者さんにやさしく撫でられてうっとりだね。

シェットランド・シープドックのそらちゃん(女の子)

メイちゃんと交替して、今日はそらちゃんが参加です。(今日は和田そら君と笠原そらちゃんの二人がお揃いです。)

♦みんなで一芸コーナー

お母さんの指示を待つトム君

トム君、お母さんの指示で何してくれるのかな?

一芸の指示待ちのハイサイ君

ハイサイ君、一心にお母さんの次の指示を待っているよ。

みんなで一緒にやってみよう!!

全員で「待て」

さぁ、用意はいいかな。みんなで待てだよ。

全員でお母さんの所に「おいで」

「おいで!」お母さんの声かけで一斉に駆け寄ります。

♦14回目の“うちの子”シリーズはMIX犬のそら君です。

14回目の「うちの子」シリーズ、和田お母さんとそらくん深いため息を一つ。思い切り抱きしめて号泣。そんな情緒不安定な飼い主にそらは黙って寄り添ってくれました。決していいコとは言えません。ただ優しい犬だとは思っています。そらは犬が嫌いな人、犬を怖がる犬達に何故か好かれます。その中の一人の方にセラピードッグになることを勧められました。ですが、その当時の私はセラピードッグとは盲導犬の様になるべくして産まれた子犬が訓練し、更に試験でふるい落とされてなるものと認識していました。それからJAHAのアニマルセラピーを知るまでに2年の歳月が必要でした。私が飼った犬達は全員持病があり、先代犬で強いてんかん持ちのトイ・プードルの死後、もう犬は飼うまいと誓ったのです。それなのに1年が過ぎた頃には散歩で出会う犬に触らせてもらったり、ペットショップで子犬を見たりする様になりました。そんなある日いつもの様に子犬を眺めていると「気になるワンちゃんいますか?」とスタッフの方に声をかけられました。いつもは断るだけだったのに「マルプーはいませんよね。」と答えてしまいました。店内をくまなく見ていたので、いないはずでした。予想に反して奥からそらを連れて来たのです。抱っこしたら絶対に欲しくなります。こうしてそらはウチのコになりました。娘との最後のお別れの時に約束しました。生まれ代わって来て!必ず見つけるから。それがそらだったのではないかと思っています。2歳までの間に3回も手術をしたせいか、動物病院は大の苦手です。でも信愛に来る時は早く皆さんに会いたいのでしょう。とても嬉しそうにシッポをフリフリしながらイソイソ自ら入って行きます。ポンコツのハンドラーと自由過ぎるそらと、どちらが先に引退するのかわかりませんが、それまでどうかよろしくお願いします。あっ、そらが何か言いたいことがあるようです。ちょっと聞いてみましょう。僕が爆睡中にムギュッとしないでほしいな。お風呂に一緒に入った時にタオルをボクの頭にのせるのやめてね。それからボクはもう泳げるのだから、無理やりプールに投げこむのはやめて。自分のタイミングで行きたいから。それからえ~と まだまだ言いたいことがあるようですが今回はこの辺で。(和田加代子&そら)和田そら MIX犬 男の子♥和田そら君は平成29年4月11日からボランティアを開始しました。ぽちゃっとした体型がかわいくて、お母さんがつい‘ムギュッ’としたくなる気持ちがとてもよくわかります。お母さんが見えなくなると戻ってくるまでじぃーっといなくなった方を見て待っている姿はいつも注目してしまいます。お母さんは謙遜しているけど、そらくんはみんなと同様とてもよい子ですよ。お父さんの送り迎えで大事にされているそらくん、これからも待っていますよ。よろしくね。(病院スタッフ)

 

2019年4月27日  信愛病院土曜コンサート「ユニヴェール」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。平成最後の土曜コンサートにご出演下さったのは、今回が3回目のご出演になります、ユニヴェールの皆様です。

プログラム

エリーゼのために、北国の春、シャレード、エオリアンハープ、踊り明かそう、愛の賛歌、ふるさと

歌、ピアノ、フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスと、華やかなメンバーでお越し下さったユニヴェールの皆様。クラシック、懐かしの昭和歌謡、映画音楽、シャンソンと、様々な音楽を豊かな音色で奏でてくださいました。観客の皆様もうっとりと耳を傾けます。「ユニヴェール」とは、「宇宙」という意味だそうです。宇宙の星が輝き続けるように、素晴らしい音楽は時代を越えて輝き続けます。

 

2019年4月9日動物ふれあい活動

平成最後の4月のふれあい活動は12人のボランティアさんと11匹の動物達が参加してくれました。桜のきれいなこんな日に集合してくれた皆さんに感謝です。

2019年4月9日集合写真

2019年4月9日集合写真

♦そらちゃんの仮装コーナー

幼稚園児仮装のそらちゃん

「さくら組和田そらです。」幼稚園ご入学です。あれ?先月はさくら中学校ご卒業じゃなかったでしたっけ?

♦病室でのふれあい

患者さん両手に花 マリリンちゃんとボーちゃん

ベッド上でマリリンちゃん(上)とボーちゃんくつろいでいるね。患者さんも両手に花(?)で嬉しそう

素敵な帽子ボーちゃん

ボーちゃん素敵なお帽子。シンクロナイズスイミングキャップのようね。「僕、男の子だけどね」

♦E病棟でのふれあい

ふれあいベテランハイサイ君

ふれあいベテランのハイサイ君、さすが堂々とした貫禄だね。

夢ちゃんふれあい

「僕と患者さんの目線をあわせるのにお母さんはいつも中腰でがんばってくれているの。腰を痛めないでね。」夢より

メイちゃんふれあい

いつも元気なメイちゃんだけど患者さんの前に来るとちゃんと心得ているのね。

患者さんに抱かれたポワロちゃん

ポワロ君、患者さんに抱かれてじっとしているとぬいぐるみのようね。

みくちゃんふれあい

青葉マークのみくちゃんなのにふれあいも一芸もとっても立派よ。

♦一芸披露コーナー

一芸披露のトム君

お母さんの足の間を、トム君お得意の高速八の字くぐり

パンジーちゃん一芸

パンジーちゃん、そこにいるだけで一芸になってるね。存在感抜群。

モゥモゥ君の一芸

お母さんの足の間をジャンプ。華麗なるモゥモゥ君のお得いなジャンプ。後ろではハイサイ君とお母さんが打合せ中です。

「僕上手に飛べたよ」顔のモゥモゥ君

「お母さん、僕うまく飛べたでしょ。」

♦13回目の“うちの子”シリーズはシェットランド・シープドッグのメイちゃんです。

うちの子シリーズ笠原メイちゃんとお父さんこんにちは。笠原メイです。シェットランド・シープドッグの4歳の女の子です。村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」に同姓同名の女性が出てくるのを知ってビックリしました。(偶然です)。うちには、同じくシェットランド・シープドッグで6歳の女の子の そら がいて、わたしが生まれる前から信愛病院の活動に参加していました。そらお姉ちゃんは、おしとやかだけど、わたしはお転婆なので、ちょっと無理かな、と思っていました。ある時、たまたま後藤先生に会う機会があって、思いがけず「メイちゃん、大丈夫だと思うよ」と言って頂きました。ホントにわたしにもできるかしら、と思ったものの、パパはすぐにその気になっちゃって、それ以来、そら と代わり番こで参加しています。わたしは、体重が11kgくらいあってちょっと重いですが、抱っこして頂ける利用者さんもいらっしゃって、お膝の上でまったりしています。これからも、よろしくお願い致します。

メイのハンドラーの笠原です。人も犬も好きなメイは、楽しく活動に参加しているようです。活動の後には、オキシトニンの分泌も増加しています。定年退職するまでは単身赴任も続いていて、犬を飼うことを断念していましたが、ある時、NHKドラマ「運命の犬ディロン」を観て、アニマルセラピーの素晴らしさを知りました。リタイア後は、信愛で活動されていた岡本さんに出会い、犬を迎える前から「人だけ」の形で活動に参加させて頂きました。その後に仔犬の そら を迎え、後藤先生のしつけ教室でお世話になって、生後8ヵ月を過ぎた時点から、一緒に活動するようになりました。リハビリのお手伝いもさせて頂くようになって、そら はそちらの活動をメインにしながらも、メイと代わり番こでふれあいの活動にも参加しています。 そら とメイとわたし、これからもよろしくお願い致します。

♥そらちゃんの初めての活動参加は平成25年12月10日、メイちゃんの初参加は平成28年12月13日でした。おとなしく控えめなそらちゃんとグイグイ活発なメイちゃん、対照的なふたりですが、ふたりともとてもよい子たちです。お父さんと一緒に末永くよろしくお願いしますね。(病院スタッフ)

 

2019年2月16日 信愛病院土曜コンサート「NOAH」

信愛病院外来ロビーにて土曜コンサートを行いました。昨年末に引き続き、今回もいらしてくださいました、NOAH(のあ)さんです。ピアノ弾き語りで、懐かしの名曲をたっぷりと届けてくださいました。

プログラム

梅干しの唄、りんごのうたメドレー(りんごのひとりごと~リンゴの唄~リンゴ追分~津軽のふるさと~リンゴの木の下で)、世迷い事、望郷じょんがら、蘇州夜曲、丘を越えて、ラバウル小唄

ロビーにNOAHさんのピアノと歌声が響き、歌詞をご覧になりながら歌う観客の皆様の声も、曲が進むにつれどんどん大きくなっていきます。様々なりんごのうたを歌ったメドレーでは、それぞれの楽曲の雰囲気の違いを楽しむことができ、りんごのいい匂いが漂ってくるようでした。『ラバウル小唄』では「さらば皆さん また会う日まで」「今日の出会いを ありがとう」と替え歌をして、皆様で歌い合いました!